« 子会社でNHKは丸儲け | トップページ | 自民すら調書を隠し再稼働 »

マスコミに対し韓国の二枚舌

本紙ソウル支局長、聴取終了 韓国大統領の名誉毀損告発で
 【ソウル=名村隆寛】「産経新聞のウェブサイトに掲載された記事が朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を毀損(きそん)した」という韓国の市民団体の告発を受け、ソウル中央地検が18日、産経新聞の加藤達也ソウル支局長(48)に行っていた事情聴取は同日夜、終わった。
 加藤支局長は同日午前11時ごろ、弁護士らとともに地検に出頭。地検は情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律(情報通信網法)違反の疑いで、地検側の通訳を介して取材の経緯などを聴いたとみられる。
 産経新聞はウェブサイト「MSN産経ニュース」に3日、「【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」と題した加藤支局長のコラムを掲載した。コラムは4月の沈没事故当日、朴氏の動静が確認できなかった7時間について韓国内で論議が高まっていることなどを紹介。韓国国会での議論や韓国紙、朝鮮日報のコラムなど、公開されている情報を中心に書かれている。
 掲載後、韓国大統領府からソウル支局に抗議があったほか、在日本韓国大使館が東京本社に「名誉毀損などにあたる」として記事削除を求めた。産経新聞は削除には応じていない。
 在韓国の外国特派員らでつくる「ソウル外信記者クラブ」が14日、緊急理事会を開催し、同問題について「高い関心を持ち注視していく」ことを確認するなど、韓国内でも報道の自由をめぐり論議を呼んでいる。(以上(MSN産経ニュース2014.8.18 21:10)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140818/kor14081821100009-n1.htm

 産経新聞の記事が、朴槿恵の名誉毀損に当たるとして、産経新聞のソウル支局長が、ソウル中央地検で事情聴取をされた。
 しかし、問題とされる記事は、朝鮮日報の記事を転載したというのが現実であり、それを日本の新聞社だから告訴されるなどというのは、南朝鮮が法治国家ではないことを自ら示すものだ。一方、元の記事を書いた朝鮮日報には注意処分で済んでいるのだから、ダブルスタンダードというよりも、一貫して、南朝鮮の事実を日本に報道し続け、朝日新聞の誤報も暴いた産経新聞に対する嫌がらせというよりも、嫌がらせを越えた業務妨害と言えるだろう。
 朝鮮日報も、中央日報も安倍総理に対して、好き勝手な記事を書いており、それならば、日本も同じことがあれば、南朝鮮の新聞社を告訴しても良いことになる。それ以上に、報道の自由すらない南朝鮮を哀れにさえ思う。(No.4194)

|

« 子会社でNHKは丸儲け | トップページ | 自民すら調書を隠し再稼働 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60174516

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミに対し韓国の二枚舌:

« 子会社でNHKは丸儲け | トップページ | 自民すら調書を隠し再稼働 »