« 民主を選んだ報いいつまでも続く | トップページ | 慰安婦にやっと反証考える »

目立つため他所の党にも口を出す

橋下氏は国会議員転身を=小沢氏
 生活の党の小沢一郎代表は25日夜のBS11の番組で、結いの党と9月に合流して新党を結成する日本維新の会の橋下徹代表(大阪市長)の動向に関し、「橋下さんが国政に出るという強い決意で先頭に立たないと、せっかくの新党も腰砕けになる。国政に出るということで結党大会をやればみんな奮い立つ」と述べ、橋下氏が国会議員に転身することに期待を示した。(以上(時事ドットコム2014/08/25-22:49)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014082500866

 政界が、自分の思う通りにならなくなった守銭奴・小沢一郎が、日本維新の会の橋下徹の動向に対して、横から口を出したそうだ。
 自分の頭の上の蠅も追えないくせに、というよりもどの党にも相手にされなくなったというのが政界だと思うが、とにかく小沢一郎という輩は、自分が政界を動かしているという自負を満たすためには、何でもありのようだ。別に、結いの党と日本維新の会とが合流するというのだから、外野でとやかくほざく必要など皆無だ。また、新党が立ちあがっても、糞の役にも立たない「生活の党」などもう終わっているのだ。
 政界は、一日も早く守銭奴・小沢一郎に対して、「お前は過去の政治屋」だと引導を渡して、成仏するように計らってやるべきだ。(No.4201)

|

« 民主を選んだ報いいつまでも続く | トップページ | 慰安婦にやっと反証考える »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本未来の党」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60211184

この記事へのトラックバック一覧です: 目立つため他所の党にも口を出す:

« 民主を選んだ報いいつまでも続く | トップページ | 慰安婦にやっと反証考える »