« 新談話よりも撤回するべきだ | トップページ | 新製品より気になるのは産地 »

韓国の嘘受け入れと元総理

終着点は首脳会談で…村山元首相、ソウルで講演
 【ソウル=中川孝之】村山富市元首相は22日、ソウルで開かれた韓国政府系の東北アジア歴史財団の討論会で講演し、いわゆる従軍慰安婦問題について、「(日韓の)政府同士が虚心に話し合い、合意できるような努力をして、解決を目指すしかない」と述べ、双方が努力するよう訴えた。
 村山氏は、日韓の実務レベルで解決策を積み上げた上で、「この問題の終着点を、首脳会談で見いだしてほしい」とも話し、安倍首相と朴槿恵パククネ大統領の直接会談を呼び掛けた。
 また、村山政権時代に発足し、元慰安婦に償い金を支給した民間基金「女性のためのアジア平和国民基金」について、「韓国では反対が非常に強くて非常に残念だった」と振り返り、「誠意を尽くした運動だったということを、(韓国側は)理解してほしい」と語った。(以上(読売新聞2014年08月22日22時45分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140822-OYT1T50117.html

 何の権限もない売国奴・村山富市が南朝鮮で講演をして、「(日韓の)政府同士が虚心に話し合い、合意できるような努力をして、解決を目指すしかない」とほざいたそうだ。
 しかし、河野談合の検証結果、朝日新聞の記事訂正によって、慰安婦問題はでっち上げであることが明らかになったのだから、南朝鮮がその事実を一方的にかつ全面的に認めるだけのことだ。売国奴・村山富市だから、このようなことをほざくのだろうが、自称慰安婦に日本のカネを配った「女性のためのアジア平和国民基金」というのを作ったのも売国奴・村山富市であり、そのカネは国からも出ている。慰安婦問題が虚構だと分かった現在、基金に国が拠出したカネも全額村山富市が負担するべきだ。
 富市の余計な誠意が、事態をより悪くし、河野談合でさらに南朝鮮をつけ上がらせたという正しい歴史認識の元に、南朝鮮が首脳会談をやりたければ、少なくとも、慰安婦問題の破棄と竹島の返還をすることが前提だ。一歩たりとも南朝鮮に譲歩する必要はない。何しろ、中国と仲良くするために、朝鮮戦争で攻めてきたのは日本だと教えている世界最後進国なのだから、日本が一切下手に出ることなく、南朝鮮の全面的な譲歩以外の選択肢は、国交断絶以外にはない。困るのは南朝鮮だ。(No.4198)

|

« 新談話よりも撤回するべきだ | トップページ | 新製品より気になるのは産地 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60194541

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の嘘受け入れと元総理:

« 新談話よりも撤回するべきだ | トップページ | 新製品より気になるのは産地 »