« 個人的付き合いで参入を決める | トップページ | 可視化などされては困る取り調べ »

酒気帯びぐらいじゃ免職できぬ公務員

飲酒市職員の免職取り消し 走行1キロ「重すぎる」
 酒気帯び運転を理由に熊本県阿蘇市職員を懲戒免職となった40代の男性が、免職処分取り消しを求めた訴訟の判決で、熊本地裁は4日、「運転した距離は1キロに満たず、重すぎる」として処分を取り消した。
 判決で中村心裁判長は「飲酒運転の動機や経緯に酌むべき事情はないが、市民や社会に直接被害はなかった。処分は事情を適切に考慮せずになされた。免職は裁量権を逸脱し、違法」と判断した。
 判決によると、男性は阿蘇市波野支所市民係長だった2012年3月2日、市の退職者送別会で午後7時から9時ごろにかけて飲酒。その後、付近の温泉施設で入浴し、約1時間後に車を運転した際、検問中の警察官に酒気帯び運転を発見され、その後罰金刑を受けた。市は「市民の信頼を著しく失墜させる行為」として同年4月、懲戒免職にした。(以上(MSN産経ニュース2014.7.4 16:38)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140704/trl14070416380002-n1.htm

 酒気帯び運転で懲戒免職になった阿蘇市職員が、起こした訴訟の判決で、熊本地裁は「運転した距離は1キロに満たず、重すぎる」として処分を取り消したそうだ。
 これでは、公務員の飲酒運転が無くなるわけがない。走行距離を裁判所は問題にしているが、問題にすべきは、飲酒運転をしたという行為であるはずだ。普通の会社ならば、懲戒免職でも、公務員になると重すぎるというのは合点がいかない。広島市では、勤務中に飲酒運転についての講習会や上司との面談を行っているが、これらは、税金の垂れ流し以外の何物でもない。それをしても、職員の飲酒運転が続いているのだから、酒気帯び運転=懲戒免職で、自分の生活の糧を賭けて飲酒運転をするかどうかを判断させる位のことは必要だ。たまたま、交通事故などを起こさなかったに過ぎないのだから、直接被害の有無など関係ないはずだ。
 そう言えば、裁判官も公務員なのだから、厳しくすると自分たちも同じ扱いをされると困るのだろう。(No.4153)

|

« 個人的付き合いで参入を決める | トップページ | 可視化などされては困る取り調べ »

お酒」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59952808

この記事へのトラックバック一覧です: 酒気帯びぐらいじゃ免職できぬ公務員:

« 個人的付き合いで参入を決める | トップページ | 可視化などされては困る取り調べ »