« 歯形よりDNAというコリア | トップページ | 正論は放送法が禁止する »

パソコンを持てば取るぞと受信料

タダとはいかぬ…NHK会長、ネット同時送信で
 NHKの籾井もみい勝人会長(71)は22日、読売新聞のインタビューに応じ、近い将来、テレビ番組のインターネットへの同時送信に踏み切り、その際はネット視聴者からも料金を徴収する方針であることを明らかにした。
 番組の同時送信をNHKが行うことには、「公共放送の肥大化につながる」として民放などが不安視。放送法改正も必要なため、NHKも慎重だった。だが、籾井会長は「いつまでもダメってことはない」と世界的に広まっていることを強調。実現の際には「タダというわけにはいかない。受信料を支払っている人たちが納得できる体制にしなければ」と語った。
 老朽化した東京・渋谷の放送センターの建て替えについては、移転用地の買収費用がかさむことを懸念。「(現在地に)残ることも有力な選択肢」とし、今年度内に予定地を決定する方針を明らかにした。(以上(読売新聞2014年07月23日07時20分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140723-OYT1T50001.html

 NHKの籾殻が、テレビ番組のインターネットへの同時送信をして、ネット視聴者からも料金を徴収するとほざいたそうだ。
 テレビ放送が始まった直後ならば、全国に放送網を構築するために、受信料も必要であったかも知れない。しかし、今では、別にNHKを視聴しなくても、無料の民放で十分事足りるのだ。これ以上、「公共放送」の名の下にいい加減な事業を増やすことには反対だ。もし、これがまかり通れば、ネットに繋いでいるパソコンは、視聴の有無を問わず、受信料を取られることになる。パソコンだけではない、スマホでも使用者から受信料を取ることができるようになるのだ。それよりは、デジタル化によって、受信料を支払っていない視聴者には、スクランブルが掛けられるのだから、BSで中途半端なスクランブルを掛けているが、全放送でスクランブルを掛ければ良いのだ。そうすれば、NHKを視聴したいという人によって支えられる放送局に生まれ変わることができる。もう、公共放送ならぬ、アナウンサーが個人的な意見を垂れ流す公共放送擬きなど不要と思う人は、受信料を支払わずに済むのだ。これは、受信料収入を増やして渋谷の放送センターに垂れ流そうという意図は見え見えだ。これが、まかり通れば、ネットに繋いだ会社の業務用PCも1台毎に受信料を徴収されることになるだろう。それが目的なのだ。
 それでなくても、NHKは営利事業を営めないことになっているが、実際は子会社で丸儲けしているのだから、NHK本体だけを放送法で縛っても無意味だ。(No.4168)

|

« 歯形よりDNAというコリア | トップページ | 正論は放送法が禁止する »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/60031661

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを持てば取るぞと受信料:

« 歯形よりDNAというコリア | トップページ | 正論は放送法が禁止する »