« 滋賀県が隠れ民主を選んだ愚 | トップページ | 先読みは決してできぬ公務員 »

反日を掲げ客には来いという

韓国、日本人客3割減に危機感…誘致イベントも
 韓国の観光業界が、日本人観光客の減少歯止めに懸命だ。
 日韓関係の悪化、円安・ウォン高、4月のセウォル号の沈没事故と悪材料が重なり、2014年に訪韓する日本人は250万人程度と、ピークだった12年から3割近くも減る見込みだ。一方で、中国からの観光客は、両国の外交上の蜜月を象徴するように、右肩上がりで増えている。
 韓国観光公社は14日、都内で日本人観光客誘致イベント「韓国観光の夕べ」を開き、両国の旅行業界関係者ら約200人が参加した。訪韓日本人は、李明博イミョンバク前大統領の竹島上陸(12年8月)をきっかけに減少に転じた。同公社は「歴史問題を巡る対韓感情の悪化が最大の原因」としており、卞秋錫ビョンチュソク社長は、「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていくべきだ」とあいさつした。(以上(読売新聞2014年07月15日07時07分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140714-OYT1T50141.html

 朝鮮民国では、李明博、朴槿恵と国のトップが「反日」を掲げて、嘘八百の言い掛かりを付けていながら、「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展」などと都合の良いことを並べて、日本からの旅行客を呼びこもうと涙ぐましい努力をしているそうだ。
 しかし、これまでやっていた、大使館の行事すら前日にロッテホテルがキャンセルするなど、日本に対して嫌がらせばかりやっている国になぜ好きこのんで行く人間がいるだろうか。朝鮮民国に行けば、強姦、政府認定のぼったくりなど何が良いというのだ。犯罪に巻き込まれないで生きて帰れば御の字という国にわざわざ自腹で行くバカもいないだろう。政治外交とは別と言っても、修学旅行に行けば、嘘八百の洗脳教育を受けた上で、土下座させられるのだから、教育的観点から見ても、朝鮮などを修学旅行先と考えること自体浅はかだ。
 歴史問題と言うが、河野談話は、朝鮮との談合によってできた朝鮮をなだめるための河野談合であったことは、検証結果で明らかだ。大好きな宗主国・中国から旅行客を集めれば良い話だ。日本は朝鮮に関わるべきではない。(No.4159)

|

« 滋賀県が隠れ民主を選んだ愚 | トップページ | 先読みは決してできぬ公務員 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59987568

この記事へのトラックバック一覧です: 反日を掲げ客には来いという:

« 滋賀県が隠れ民主を選んだ愚 | トップページ | 先読みは決してできぬ公務員 »