« 号泣も嘘もやっぱり三歳児 | トップページ | 個人的付き合いで参入を決める »

ハッカーを待ってる東電のパソコン

東電「XP」4万8千台、5年継続…外部接続も
 東京電力が、サポート期間の終了した米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」搭載パソコンを約4万8000台保有し、今後5年間使い続ける計画であることが分かった。
 XPは修正プログラムが配布されず、サイバー攻撃を受ける可能性があるため、政府は東電など重要インフラ事業者にXPの更新を求めていた。
 関係者によると、東電は約4万8000台のXPについて、更新を始める2018~19年まで使用する計画で、この間、インターネットで外部に接続して使うパソコンもあるという。
 東電は読売新聞の取材に対し、ネットに接続するXPがあることを認め、「各種の技術的対策を講じている」と説明。更新しない理由や具体的な対策については「セキュリティー確保の観点から詳細は差し控える」としている。(以上(2014年07月07日06時55分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140705-OYT1T50120.html

 東京電力という常識を欠いた悪徳企業が、今後5年間XPパソコンを使い続けると宣ったそうだ。
 東京電力としては、原発菅災時のデータや画像をハッカーによって破壊して欲しいという願望を持っているのだろう。そうすれば、証拠がないとして何からも逃げられると姑息なことを考えているのだろう。また、司法当局も、当時の東電のデータや画像等を押収する家宅捜索も行っていないのだから、ハッカーによって情報が破壊されれば、真実にたどり着くことなどできなくなることを望んでいるのではないだろうか。それは、歩く国賊・菅直人が、尖閣諸島沖漁船衝突事件で司法当局に圧力を掛けたように、原発菅災においても、司法当局に圧力を掛けたと推測すれば合点がいく。東京電力は、昨年度1400億円もの利益を出していながら、パソコンの更新もできないなどということは、財政的にもあり得ない話だ。それを堂々と公表しているのだから、ハッカーに侵入してくださいと言っているようなものだ。
 もし、XPパソコンで完璧なセキュリティー確保ができるというのであれば、世の中に公表して、パソコンの更新ができない企業・個人のために供するという考えもないとんでもない会社を、歩く国賊・菅直人は、無罪放免で済ませたことを決して国民は許してはならないのだ。(No.4151)

|

« 号泣も嘘もやっぱり三歳児 | トップページ | 個人的付き合いで参入を決める »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59942061

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカーを待ってる東電のパソコン:

« 号泣も嘘もやっぱり三歳児 | トップページ | 個人的付き合いで参入を決める »