« 石原は悪くはないという与党 | トップページ | 嘘を吐き嘘吐き通すのは河野 »

嘘吐きの言い分尊重する政府

韓国「暴露」に強く反発「国際社会容認しない」
 【ソウル=中川孝之】韓国政府は、河野談話の検証報告書が談話の表現を巡る綿密な事前調整を「暴露」したことに強く反発しており、対抗措置を検討する構えだ。
 一方でいわゆる従軍慰安婦問題を巡っては、日本政府に「被害者の納得できる解決策」を求めていることもあり、今後も話し合いには応じるとみられる。
 韓国政府は20日の声明で、事前調整について「日本側からの再三の要請に応え、非公式的に意見を提示しただけ」と反論、「(今後は)国際社会とともに適切な対応措置を取る」として、宣伝攻勢を強化する方針を示唆した。
 韓国政府はこれまで、河野談話を巡る事前調整を一切認めてこなかった。調整の詳細まで明らかにした報告書は、こうした同政府の立場を真っ向から否定するもので、声明は「検証という口実のもと、被害者の傷を再びえぐった行為で、国際社会は決して容認しない」と、検証作業そのものも強い調子で批判した。(以上(2014年06月20日22時36分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140620-OYT1T50118.html

 河野談話の検証によって、朝鮮民国の嘘八百が見事に暴露された。
 朝鮮民国は、「国際社会は決して容認しない」とほざいているが、容認しないのは言い掛かりを付けたい悪意を持った朝鮮と中国ぐらいで、他の常識ある国家は日本の発表に納得するだろう。安倍死ん三は、朝鮮民国に配慮して、検証はしても見直さないと発表している。しかし、嘘の河野談話をこのまま継承する方が、世界から見て奇異に見えることを考えるべきだ。日本は世界の国と外交をしているのであって、大昔のように世界が朝鮮と中国だけではないのだ。これだけ、嘘がばれても朝鮮民国は賠償を求めるという常識外れの行為を期待しているのだ。
 日本政府は、日韓基本条約締結時に朴正煕に対して賠償金を支払い、朴正煕が被害者に賠償せずに「漢江の奇跡」に流用した、賠償責任のあるのは、日本ではなく朴槿恵だとハッキリ世界に表明すれば良いのだ。一歩たりとも譲歩などあり得ないのだ。もし、朝鮮民国に一歩でも譲歩をすることがあれば、それは売国行為だ。(No.4135)

|

« 石原は悪くはないという与党 | トップページ | 嘘を吐き嘘吐き通すのは河野 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59850572

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘吐きの言い分尊重する政府:

« 石原は悪くはないという与党 | トップページ | 嘘を吐き嘘吐き通すのは河野 »