« 韓国をみんなで嫌う日本人 | トップページ | 別れ話最後はカネで揉めている »

憲法を変える準備はできている

閣議決定の文案策定を準備 憲法解釈変更へ政府
 政府は6日、集団的自衛権の行使容認に向け、従来の憲法解釈を変更する閣議決定の具体的な文案策定の準備に入った。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。早期の閣議決定を目指す安倍晋三首相の意向に沿った動きとみられる。
 6日開催された「安全保障法制整備に関する与党協議会」で、座長の高村正彦自民党副総裁が政府に対し、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定の文案を準備するよう求めた。
 これを受け、菅氏は会見で「与党協議の中で(要請が)出てくれば当然政府の考え方を示すことになる」と述べた。(以上(2014/06/06 19:12【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060601002240.html

 政府は、股座膏薬・公明党との協議はセレモニーとして、サッサと閣議決定をするための憲法解釈ねじ曲げによる集団的自衛権の行使容認の文面を作り始めたそうだ。
 これで、憲政史上最悪となる憲法解釈のねじ曲げで実質憲法改正ができあがるのだ。安倍死ん三は、国会で2/3以上の議席の確保が難しいと言うが、先の衆議院選の場合、自民党は43%の得票率に対して、定数の79%の議席を確保しているのだ。要するに、国民の大多数が賛成するのであれば、簡単に定数の2/3を確保できると言うことだ。
 憲法改正を最終決断するのは有権者であり、憲法解釈のねじ曲げで憲法を実質的に改正することは、国民の権利を侵害する行為なのだ。(No.4132)

|

« 韓国をみんなで嫌う日本人 | トップページ | 別れ話最後はカネで揉めている »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59779757

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を変える準備はできている:

« 韓国をみんなで嫌う日本人 | トップページ | 別れ話最後はカネで揉めている »