« セクハラで点数稼ぎたい民主 | トップページ | 何がおかしいか分かってない自民 »

株売却市長一人で決められぬ

橋下市長、関電株を「物言う株主」に売却方針
 関西電力の筆頭株主である大阪市の橋下徹市長は26日、「市が株主で居続ける必要はない。物言う株主が関電をチェックしないとダメだ」と述べ、関電株を外資系ファンドなどに売却する意向を示した。大阪市役所で記者団に答えた。
 橋下氏はこの日、2年ぶりに関電の株主総会に出席。原発再稼働にこだわる経営陣の責任を追及し、「答弁次第では本日をもって物言う株主に売り渡す」と迫っていた。
 市は現在、関電株のうち8・9%(8374万株)を保有。26日の終値(949円)で換算すると、時価は800億円近くなる。ただ、市の条例では1億円以上の株式を売却するには市議会の承認が必要。市幹部は「市場への影響が大きく、全株売却は非現実的だ」と指摘する。
 一方、関電の八木誠社長は総会後の会見で「引き続き株主の皆様に株を持ってもらえるよう努めたい」と述べた。関電幹部は「橋下市長にとってメリットがない。揺さぶりをかける手段ではないか」と話した。(以上(朝日新聞2014年6月26日21時49分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG6V64WTG6VPTIL01Y.html

 大阪の独裁者気取りの橋下徹が、関西電力の株主総会で、大阪市の保有する関電株を売り渡すと放言したそうだ。
 しかし、関電株の時価は800億円程度なので、市の条例で1億円以上の株式売却には市議会の承認が必要であり、橋下徹個人の私見では売却は不可能だ。まして、大阪市議会では、維新の会が第一党であるが、過半数を占めていないので、果たして橋下徹の思いつきが実現するか分からない。また、橋下徹は公明党にも喧嘩を吹っかけているのだから、公明、自民が反対すれば、橋下徹の思い通りにはならないのだ。関電株の売却で800億円入るから、その中で6億円位市長選挙に使っても、民主主義の代償だとも橋下は吠えそうだが・・・
 民主主義の観念も欠如した橋下徹をいつまで、大阪市民は市長として崇め奉るつもりだろうか?不毛な時間のように感じる。(No.4141)

|

« セクハラで点数稼ぎたい民主 | トップページ | 何がおかしいか分かってない自民 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59883861

この記事へのトラックバック一覧です: 株売却市長一人で決められぬ:

« セクハラで点数稼ぎたい民主 | トップページ | 何がおかしいか分かってない自民 »