« JAが絡めば全て高く付く | トップページ | 国民に配慮はしない安倍総理 »

箱物を外注してる大阪市

大阪の韓流テーマパーク、日韓関係悪化で見直し
 大阪市の土地信託事業で経営破綻した都市型遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地に韓流テーマパークの建設を予定していた大手パチンコチェーン「マルハン」(本社・京都市)が、日韓関係の悪化を理由に計画を見直していることがわかった。
 跡地の売買契約を締結後、5年以内に建設に着手する取り決めだったが、今年3月の期限が過ぎた現在も着工されていない。このため、市は今年度内の施設完成を求める契約を新たに結ぶ方針だ。
 7日の市幹部会議で新契約方針を決める。着工が無期限延長にならないようにするため、年度内に施設が完成しない場合、同社に違約金を要求することも検討している。
 フェスティバルゲートは市電車庫跡に1997年開業したが、04年に経営破綻した。跡地は同社が09年1月、市交通局から1万4000平方メートルを約14億円で落札し、同3月に売買契約を締結。韓流テーマパークは8階建ての建物に韓流スターが手がけるファッションブランドのショップや飲食店などが入る計画で、総工費約100億円をかけて今秋に開業し、来場者は年間300万人を見込んでいた。
 しかし計画発表後、歴史認識や領土問題を巡って日韓関係が冷え込み、大阪でも在日韓国・朝鮮人の排除を訴えるヘイトスピーチ(憎悪表現)が行われた。梅田などで建設中止を求める街宣活動も起き、同社は市に計画変更を申し出た。
 市と同社が交わした実施要領では、「契約締結日から5年以内に誠実に事業を行わなければならない」としているが、市は「誠実に事業を行う意図はある」と判断し、買い戻しや再入札は行わないことにした。マルハン経営企画部は「大阪市と相談しながら計画の見直しを進めていることは事実だ」としている。(以上(2014年05月04日08時59分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140504-OYT1T50013.html

 大阪市の土地信託事業で破綻した「フェスティバルゲート」の跡地に韓流テーマパークの建設を予定していたパチンコ屋「マルハン」が、日韓関係の悪化を理由に計画を見直しているとのことだ。
 大阪市は、売買契約に5年以内の建設着手の取り決めをしていたが、期限を過ぎても着工されていないから、新たに契約を結ぶ方針と言うが、当初の契約に、着手しなかった場合の違約金を入れていないというのだから、バカの権化の大阪市と言っても良かろう。日韓関係の悪化と言うが、悪化させたのは、大阪出身の李明博の大バカと朴槿恵の糞ババアが「反日」政策を採り続けて、政権を維持し続けているからだ。当然、冷え込んで然るべきものだ。雑菌の入ったキムチを売ったりする施設を作って何になるのだろうか?今からでも遅くないから、他用途に変更した方が良いだろう。それにしても、大阪市は懲りずに箱物の外注をやっているのだから、何を考えているのか全く意味不明だ。橋下徹はどう考えているのだろうか?まあ、自分が市長になる前の話だと逃げることだろうが、今の責任者は橋下徹なのだから、橋下徹に尻拭いをやられるべきだ。
 事実をおかしいというのが、ヘイトスピーチというのであれば、それが問題なのだろうか?と私は考える。そもそも、パチンコ屋と組んだことがおかしいと言う発想は大阪市にはないのだろうか?(No.4097)

|

« JAが絡めば全て高く付く | トップページ | 国民に配慮はしない安倍総理 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59579644

この記事へのトラックバック一覧です: 箱物を外注してる大阪市:

« JAが絡めば全て高く付く | トップページ | 国民に配慮はしない安倍総理 »