« 吉田調書より見たいのは菅調書 | トップページ | 民主党誰がなっても変わらない »

公明が取引したい自衛権

集団的自衛権、閣議決定は与党合意が前提 公明・山口氏
 公明党の山口那津男代表は24日、秋田市内で講演し、安倍晋三首相が、集団的自衛権を行使できるように憲法解釈を変える閣議決定を目指していることについて「首相は、与党の協議結果に基づいて閣議決定をやると言っている。政府が勝手にやるということではない」と述べ、閣議決定は与党の合意が前提との考えを強調した。
 さらに山口氏は「政府・与党だけで議論して何か決めちゃうのか。そうではない。国会でも議論を重ね、いくつかのチャンネルで国民と対話し、理解が得られるように臨んでいく姿勢が大事だ」と述べた。
 山口氏は「『日本の国益にかかわるなら、どこで武力を使っても良い。米国や世界の大部分がそうだ』という考えがある。しかし、国民や外国が受け止めてきた日本の平和主義を方向転換するわけだから、きちんと憲法改正の手続きを取るべきだ」とも語った。(岡村夏樹)(以上(朝日新聞2014年5月24日20時47分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG5S66BDG5SUTFK00C.html

 国政の股座膏薬・公明党の山口那津男が、何様のつもりか、集団的自衛権の行使の閣議決定に、股座膏薬が与党として賛成しなければ駄目だとほざいていることが明らかになった。
 集団的自衛権の行使容認の閣議決定だけで決めることには反対だが、なんで、金魚の糞・公明党様のご了解がなければ閣議決定もできないというのには合点がいかぬ。公明党が国民世論を代表している訳でなく、単なる創価学会の意見を代弁しているだけの癖に、何様のつもりなのだろうか?
 今の国会勢力図からすれば、もう、股座膏薬・公明党がいなくても、どうにでもなるはずだが!結局、股座膏薬・公明党からすれば、自民党と取引して、創価学会に有利になる法案を通したいという目論見があるだけとしか思えない。(No.4118)

|

« 吉田調書より見たいのは菅調書 | トップページ | 民主党誰がなっても変わらない »

公明党」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59701217

この記事へのトラックバック一覧です: 公明が取引したい自衛権:

« 吉田調書より見たいのは菅調書 | トップページ | 民主党誰がなっても変わらない »