« 条件は後で変えれば済む話 | トップページ | 年金を渡さぬように変える法 »

一千億利益を出せばこんなもの

東電料金、沖縄抜き全国最高に 原発事故後の値上げ響く
 東京電力の家庭向け電気料金が6月、沖縄電力を抜いて全国で最も高くなる。離島の沖縄は発電や送電の費用がかさみ、原発もないことから、これまで本土より1~2割高かった。しかし、福島第一原発事故後の値上げで差が縮まった。業界関係者は「本土と沖縄の料金が逆転するのは、聞いたことがない」と驚く。
 電力10社が公表するモデル家庭の1カ月の料金を、朝日新聞が集計した。東電の6月分は、前月より26円高い8567円。9円下がった沖縄電力の8558円を上回った。
 原発事故前の2011年1月をみると、発電の98%を火力で賄う沖縄が7270円と全国で最高だった。一方で、原発の比率が約3割だった東電は、沖縄より14%安い6257円。10社の中で3番目に安かった。(以上(朝日新聞2014年5月11日07時27分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG5861FPG58PLFA00Y.html

 東京電力の電気料金が、沖縄電力を抜いて日本で一番高くなるという。
 それは全て原価積み上げ制度にある。要するに、電力会社を潰してはならないことから、必要な経費は、政治献金に至るまで電気料金に上乗せできるのだから、簡単なのだ。それで、原発菅災の収束費用や補償費用も国におねだりして、一千億円も利益を上げるのだから、電気料金が高くなるのも当然だ。東京電力は、福島第一原発の地下水対策で遮水壁を作る500億円をケチって、今では国におんぶに抱っこだ。このスキームを作ったのは歩く国賊・菅直人だ。東電を潰さないという名目で、国税を東電に垂れ流しした上に、利益を出すことも許しているのだから、国税で東電を支援した分は全て歩く国賊・菅直人の個人負担に付け替えて、東電から返金があれば、歩く国賊・菅直人に還流するというスキームは取れないのだろうか。歩く国賊・菅直人は、震災翌朝の福一訪問は問題なかったと威張っているが、邪魔をしたのはベントだけではない。冷却水を注入するために派遣された自衛隊は、歩く国賊・菅直人が福一にいた間、福一の正門前で待機させられていたのだ。それによって注水が遅れたことは明白であり、歩く国賊・菅直人の刑事罰を問わない東京地検特捜部の体たらくを示している。今からでも遅くないのだから、歩く国賊・菅直人には、冷却水注入を遅らせた罪で断罪するべきだ。
 また、東京電力に対しても、儲けた金は全額、原発菅災の対応費に回させるように、歩く国賊・菅直人が作ったスキームを壊して、新たなスキームを東電に課すべきだ。(No.4014)

|

« 条件は後で変えれば済む話 | トップページ | 年金を渡さぬように変える法 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59623193

この記事へのトラックバック一覧です: 一千億利益を出せばこんなもの:

« 条件は後で変えれば済む話 | トップページ | 年金を渡さぬように変える法 »