« 教育を棚に上げても人の道 | トップページ | 死人に口なし国民の知る権利 »

万々が一枝野の嘘が暴かれる

ドライベント、3号機準備 震災3日後、大量被曝の恐れ
 東京電力が2011年3月14日、福島第一原発3号機で高濃度の放射性物質を人為的に外気に放出するドライベントの準備を進めていたことが分かった。国はこの時、混乱を避けるため3号機の危機を報道機関に知らせない「情報統制」をしており、多数の住民が何も知らないまま大量被曝(ひばく)する恐れがあった。当時の吉田昌郎(まさお)所長(13年死去)が政府事故調査・検証委員会の聴取に答えた「吉田調書」で明らかになった。
 ベントは原子炉格納容器が圧力上昇で壊れて放射性物質が大量放出されるのを防ぐため、格納容器内の気体を人為的に抜いて圧力を下げる最後の手段。水を通して抜くウエットベントと比べ、水を通さないドライベントは100~1千倍、濃度の高い放射性物質を外部に出す。今回の事故対応では実施されなかった。
 吉田調書などによると、3号機は14日未明、注入する水が枯渇して危機を迎えた。東電はウエットベントで格納容器の圧力を下げようとしたが下がらず、14日午前6時23分、次善の策としてドライベントの検討を始めた。午前7時前の時点で甲状腺がんを起こす放射性ヨウ素が南南東の風に乗って北北西方向に広がり、3時間で福島県北部の相馬郡付近が250ミリシーベルトになると予測。この値は甲状腺被曝の影響を防ぐため安定ヨウ素剤を飲む当時の国の目安100ミリシーベルトを超えていた。(以上(朝日新聞2014年5月21日03時00分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG5N2F8DG5NUEHF003.html

 原発菅災時の官房長官だった大本営・枝野幸男の発表が、まさしく大本営発表であったことが、吉田調書から明らかになった。
 大本営・枝野幸男は、「万々が一」とほざいて避難指示をを出していたが、実際は飛んでないことが起こっていたことが明らかになり、さらに、3号炉の圧力上昇については、国が隠蔽して国民に知らせなかったことも明らかになった。単に、3号炉のドライベントをしなくても済んだのは、偶然の賜物であり、「万々が一」というのが本音であれば、広大は範囲に対して避難勧告をするべきだった。
 それだけのことが分かっても、検察は歩く国賊・菅直人、大本営・枝野幸男の刑事責任は問えないとしたが、このような嘘八百の政権運営により、避難者が深刻な放射能汚染の危険にさらしたことすら、責任が問えないのであれば、日本は法治国家を返上するべきだ。(No.4114)

|

« 教育を棚に上げても人の道 | トップページ | 死人に口なし国民の知る権利 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59679689

この記事へのトラックバック一覧です: 万々が一枝野の嘘が暴かれる:

« 教育を棚に上げても人の道 | トップページ | 死人に口なし国民の知る権利 »