« 人道的措置など要らぬ慰安婦に | トップページ | 賠償金取りたいだけの言い掛かり »

共著者の責任全くない理研

実験ノート見ていない…小保方氏を指導の笹井氏
 STAPスタップ細胞の論文問題で、論文執筆の中心メンバーである理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)が16日午後3時から、東京都内で記者会見を開いた。
 笹井氏は会見の冒頭、「多くの混乱と心配をかけたことを、心からおわびする」と謝罪した。
 笹井氏は会見で、論文にかかわったのは投稿の最終段階である約2か月間に過ぎず、STAP細胞を作製した理研の小保方晴子ユニットリーダー(30)の実験の生データや、実験ノートを見る機会はなかったと証言した。その上で「(論文)全体を俯瞰する立場だった」と執筆の責任を認めた上で、論文の扱いについては「撤回することが最も適切な考え」との見解を明らかにした。
 STAP細胞の存在については「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがある。検証する価値のある高い仮説だ」と述べ、理研内外の再現検証が必要だと述べた。(以上(読売新聞2014年04月16日15時41分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140416-OYT1T50089.html

 理研で小保方氏を指導したとされる副センター長の笹井芳樹が会見し、共著者としての責任逃れを宣ったそうだ。
 論文の共著者である以上、その論文に筆頭著者と同じ責任を負うために名前を入れているのであって、理研の利権のために名前を陳列しているのではない。実験の生データや実験ノートを見た見ないなど関係なく、その論文に全責任を負うことには変わりないのだ。本来、論文というのは評論した輩など共著者として入れてはならないのだ。まして、理研内部の調査委員会による身内による身内を守るための調査など全く役に立たないのだ。調査委員長の石井俊輔など、実験ノートでとやかくいちゃもんをつけて全責任を小保方氏になすり付けたが、論文とは何かも分かっていない税を食むだけの無能学者だ。また、Natureに掲載された論文はLettersであって、Full Paperではない。Lettersは、このようなことが分かりましたという速報なのだ。それで、再現されないというのは問題ではない。Full Paperで再現実験ができないのならば問題である。小保方氏がコツがあると話していたが、そのコツまでLettersでは書けないのが普通だ。小保方氏がマスコミに公表できない内容は、特許性のある内容を特許に出す前に自分で公開しても、それが公知例となって自分の特許として成立しないのだ。科学的な結果と特許は別物であり、世界の名だたるES細胞のねつ造教授・黄禹錫(ファンウソク)でも、特許は成立しているのだ。
 今言えるのは、小保方氏はアメリカの恩師からもラブコールがあるように、理研など目先の利権(研究開発法人への移行)しか頭にない所に拘らず、新天地で見るものを見せて欲しいと思う。若い研究者を育てることもせずに、カネで世界の第一人者を呼んで研究開発法人など血税の垂れ流しに過ぎない。(No.4080)

|

« 人道的措置など要らぬ慰安婦に | トップページ | 賠償金取りたいだけの言い掛かり »

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

独立行政法人」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59479638

この記事へのトラックバック一覧です: 共著者の責任全くない理研:

« 人道的措置など要らぬ慰安婦に | トップページ | 賠償金取りたいだけの言い掛かり »