« 受信料使い釈明する籾井 | トップページ | 博士号出して論文審査する »

不祥事にNHKの隣組

発覚前の不祥事情報「提供を」 NHK会長が呼びかけ
 関連会社での不祥事が相次いだNHKの籾井勝人会長がNHKと関連団体の全役職員を対象に、「発覚していない不祥事」などについて情報提供を呼びかけたことが5日、わかった。異例の呼びかけに、職員からは「密告を勧められているみたいだ」と反発の声があがっている。
 「調査委員会への情報提供のお願い」という1日付、籾井会長名の文書がNHKの社内ポータルサイトに掲載され、関連団体にはトップを通じ社員に通知。「広く情報提供してください」と呼びかけている。
 情報提供の対象としているのは、不祥事が相次いだ原因▽発覚していない不祥事や類似事案▽ガバナンス(統治)や内部統制での問題点▽再発防止策など。(以上(朝日新聞2014年4月6日05時37分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG4562S3G45UTIL01K.html

 喋る不祥事、NHKの籾殻が今度は、NHKと関連団体に対して、密告して情報提供するように呼びかけたそうだ。
 そのような呼びかけをすること自体、NHKのガバナンスがなっていないことを認めるようなものだ。このような組織に、放送法によって寝ていてもカネが入る仕組みになっているのだから、民間企業のような歯止めも利かないのだろう。まあ、籾殻自体、しゃべり出したら何を喋るか自分でも制御できない輩が会長なのだから、下がどうかというのも自明なことだ。まるで、戦前の「隣組」のような発想だ。
 NHKの立て直しならば、まず、籾殻が辞職するのが筋だろう。安倍死ん三のお友だちである以上、政府にすり寄った報道しかできないのだから、見る価値など皆無だ。無価値なものに対価を求める放送法を改正するのが、一番、NHKのガバナンスを立て直す方法だろう。(No.4070)

|

« 受信料使い釈明する籾井 | トップページ | 博士号出して論文審査する »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59420404

この記事へのトラックバック一覧です: 不祥事にNHKの隣組:

« 受信料使い釈明する籾井 | トップページ | 博士号出して論文審査する »