« 諫早に未だに菅の後遺症 | トップページ | 慰安婦に落とし所は何もなし »

統一に手前勝手な自国の利

朴槿恵氏演説は「民族反逆者のたわ言」 北朝鮮が談話
 北朝鮮の国防委員会報道官は12日、韓国の朴槿恵大統領が先月、南北統一に向け交流の拡大などを訴えたドイツでの演説を非難する談話を出した。朴氏が韓国による「吸収統一」を意図していると断じ、演説は「民族反逆者のたわ言」などと主張した。朝鮮中央通信が伝えた。
 朴氏が演説で北朝鮮への人道支援などの拡大などを掲げたのに対し、談話は南北関係において最優先の課題は「政治的、軍事的対決状態の解消だ」と主張。「朴槿恵自身の口」が南北関係を悪化させ、民族の前途を阻んでいるとした。(共同)(以上(MSN産経ニュース2014.4.12 10:37)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140412/kor14041210370006-n1.htm

 朝鮮民国(韓国)の朴槿恵の糞ババアの南北統一を訴えたドイツでの演説に、北朝鮮が異議を唱えたらしい。
 第三者から見れば当然のことだと思う。朝鮮民国(韓国)の朝鮮日報や中央日報の記事を見れば、南北統一によって、朝鮮民国(韓国)の少子高齢化の解決手段として、北朝鮮を労働者に使えば良い。そうすれば、北朝鮮の人の収入が朝鮮民国(韓国)の1/5位にまで増える、と言う魂胆なのだから、要するに、朝鮮民国(韓国)は南北統一と言いつつも、北朝鮮をあたかも植民地のような扱いをして自分たちが生き延びようとしていることが見え見えなのだ。そのような報道も、当然北朝鮮の耳には入っているだろう。また、朝鮮民国(韓国)と北朝鮮を比較すれば、朝鮮民国(韓国)は日本の植民地時代にはアメリカに逃げ隠れしていた李承晩が建国したのに対して、北朝鮮は反日戦線で実際に戦っていた金日成が建国したのだから、正当な朝鮮半島の国家は北朝鮮だという北の言い分の方が歴史的に正しいのだ。今は3代世襲で独裁国家となってはいるが、逃げ隠れしていた李承晩には正統性がないことは、朝鮮民国(韓国)の歴史家も認めているが、それを政府が黙殺し、教科書への記載も認めていないだけだ。これだけの事実をすれば、朴槿恵の糞ババアに対して、北朝鮮が「民族反逆者のたわ言」と言うだけの根拠があるのだ。
 さらに、朝鮮民国(韓国)は、南北統一の費用は中国とアメリカが持つべきだとまで、好き勝手な論理が蠢いている。人のふんどしで南北統一をしようという呆れた考えを持った朝鮮民国(韓国)に一分の理もないのは自明なことだ。(No.4076-2)

|

« 諫早に未だに菅の後遺症 | トップページ | 慰安婦に落とし所は何もなし »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59456360

この記事へのトラックバック一覧です: 統一に手前勝手な自国の利:

« 諫早に未だに菅の後遺症 | トップページ | 慰安婦に落とし所は何もなし »