« 鯨研のための捕鯨にノーが出る | トップページ | 策略にはまった君が悪いだけ »

政治屋は決して罪を認めない

みんな最高顧問、渡辺氏の代表辞任求める 8億円問題
みんなの党の渡辺喜美代表が化粧品大手ディーエイチシー(DHC、東京)の吉田嘉明会長から8億円を借りた問題で、同党最高顧問の江口克彦参院議員は31日、国会内で記者団に「国民が渡辺氏の会見に不信感を持った。責任をとって一時的に代表を辞任すべきだ」と語った。党内から辞任を求める意見が出たのは初めて。
 江口氏はこの日、メールや電話で渡辺氏に辞任を促したが、渡辺氏は「法的に問題はない。出処進退は自分で決める」と答えたという。江口氏は「(疑いが)シロになれば代表の席に戻ってもらう」と語った。
 一方、渡辺氏が吉田氏に選挙情勢を説明して5億円の融資をメールで依頼したとの報道について、渡辺氏は同日付の自らのメールマガジンで「(依頼メールが)ホンモノであっても法律違反は生じない。党首が選挙の活動資金を調達するのは当然。借り受けた資金は党への貸付金として選挙運動を含む党活動に使える」と反論した。(以上(朝日新聞2014年3月31日21時03分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG305SM6G30UTFK00G.html

 DHC会長から、渡辺喜美のメールの文面まで公開されたが、ボクの党独裁者・渡辺喜美は、法律違反は生じないと持論を展開するだけだ。
 しかし、このメールの文面で分かるように、8億円は選挙資金として使われていたのだから、当然、政治資金収支報告書に記載されていなければならない。それが、政治屋得意の「秘書が、秘書が」では済まされないのだ。まして、バレたら政治資金収支報告書の修正をするなどという姑息なことが許されて良いのだろうか?
 どうせ、みんなの党の実情は、渡辺喜美ボクの党なのだから、代表から引きずり下ろすとともに、みんなの党も解散するべきだろう。(No.4065-2)

|

« 鯨研のための捕鯨にノーが出る | トップページ | 策略にはまった君が悪いだけ »

みんなの党」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59391828

この記事へのトラックバック一覧です: 政治屋は決して罪を認めない:

« 鯨研のための捕鯨にノーが出る | トップページ | 策略にはまった君が悪いだけ »