« 献金が止めを刺したボクの党 | トップページ | 事務的なミスでは済まぬ大熊手 »

朝日まですがり始めた都構想

都構想の決着「対話では無理」 橋下市長インタビュー
 出直し大阪市長選で再選された橋下徹市長(大阪維新の会代表)が朝日新聞のインタビューに応じた。大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想について「話し合いで解決するのは無理だ」と述べ、住民投票で決着をつける意向を改めて強調。橋下氏が目指す秋に実施できなければ来年4月の統一地方選でも争点に掲げる考えを示した。インタビューは25日に行った。
 出直し選では都構想に反対する自民、民主、共産の各党が候補者擁立を見送ったため、投票率は過去最低の23・59%と低迷。大量の無効票も出たが、橋下氏は37万票余りの票を得たことから「住民投票なり統一地方選なりで判断する根拠材料を示してくれ、という民意だ」と分析した。
 住民投票については「日本人には民主主義が根付いていない。本気の住民投票を経験してもらわないと、民主主義は変わらない」と指摘。市民に大阪市の将来のあり方を選択してもらうことで、政治に参加する意識を促す考えだ。(以上(朝日新聞2014年3月27日05時23分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG3V4DZSG3VPTIL017.html

 週刊朝日と朝日新聞とを混同して、朝日新聞をクソミソに腐していた橋下徹が、一転して朝日新聞の取材を受けたというのだから、この野郎の頭の思考回路はどうなっているのかとさえ感じる。
 今度は、都構想は、日本の民主主義が駄目だから、住民投票で決めるという議会軽視の発言を宣ったそうだ。しかし、日本は間接民主主義であり、いくら独裁者の首長が、独断でやりたいことを決めようとしても、議会で可決されなければ、再度、無関係の大阪市民を巻き込んで、再々市長選でもやるつもりだろうか?自分の意に反するものは、徹底的に叩くという橋下徹の手法は、単に敵を増やすだけで、自分のシンパである維新の会以外を敵に回したに等しいし、もう、立ち直る手段などあるまい。住民投票、住民投票と宣っているが、一方で民主主義には手順があり、それを無視することが民主主義だとは思えない。何のための代議士制度なのか、橋下徹は考えたことがあるのだろうか?
 次の統一地方選挙では、如何に維新の会を議会から追い出すかに掛かっている。まあ、橋下徹は、大阪が駄目なら、公明党の出ている地方区から国政選挙に出るというパラシュートを背負っているのだから、大阪を引っかき回して気が済んだら知らぬ顔を決め込むのがオチだ。(No.4060)

|

« 献金が止めを刺したボクの党 | トップページ | 事務的なミスでは済まぬ大熊手 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59362963

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日まですがり始めた都構想:

« 献金が止めを刺したボクの党 | トップページ | 事務的なミスでは済まぬ大熊手 »