« 落選でまだ成仏のできぬ人 | トップページ | 閣議決定で「修身」にもできる »

番犬が犬と呼ばれて怒ってる

小松法制局長官「安倍政権の番犬」に反論
 小松一郎内閣法制局長官は5日の参院予算委員会の答弁で、4日の予算委で共産党の小池晃氏から「安倍晋三政権の番犬」と揶揄(やゆ)されたことについて、「このような指摘を受け入れることはできない」と反論した。
 小松氏は「(共産党は)日ごろ国民の基本的人権をことさら重視している。プライバシーや名誉を含め、国家公務員にも憲法で基本的人権が保障されている」とも述べた。
 法的見地からの見解表明が多い内閣法制局長官の答弁としては異例。5日は社民党の吉田忠智氏に対しての答弁だったが、共産党による前日の「侮辱」が容認できなかったようだ。
 小池氏は4日の予算委で、集団的自衛権の行使容認に前向きな小松氏を「憲法の番人なんだから、安倍政権の番犬みたいなことをするな」と指摘していた。(以上(MSN産経ニュース2014.3.5 20:16)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140305/stt14030520170005-n1.htm

 安倍死ん三の忠実な番犬である小松一郎内閣法制局長官が、参院予算委員会の答弁で犬呼ばわりされたことについて、受け入れられないと反論したそうだ。
 しかし、番犬を犬と呼ぶのは当然のことだ。憲法の内容が、解釈を変えるだけでどうにでもなるのであれば、どのような独裁政権でも可能になるのだ。安倍死ん三は、閣議決定だけで憲法解釈を変えて、集団的自衛権の行使ができるようにしようとしているが、これがどれだけ恐ろしいことか分かっていないのだ。次の選挙で禊ぎのようなことを言っているが、憲法解釈を変えて、基本的人権を制限する憲法解釈を閣議決定して、次の選挙で、不都合な意見を封じ込めることでも可能になるのだ。
 安倍死ん三のお友だち政策によって、不都合な意見を封じ込める政策は、今後の日本の将来に暗い影を落とすことになるだろう。選挙と言っても、安倍死ん三は、長州閥の支持を得ればそれで済むことになるのだが、長州人がどれだけ理性を持っているかというのは、歴代の長州閥の総理を眺めれば分かる話だ。(No.4039)

|

« 落選でまだ成仏のできぬ人 | トップページ | 閣議決定で「修身」にもできる »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59245712

この記事へのトラックバック一覧です: 番犬が犬と呼ばれて怒ってる:

« 落選でまだ成仏のできぬ人 | トップページ | 閣議決定で「修身」にもできる »