« 会長の言い訳流す受信料 | トップページ | メキシコに逃げる準備をするマツダ »

一日で追い返された事務次官

日韓首脳会談開催で平行線…次官同士が意見交換
 【ソウル=豊浦潤一】斎木昭隆外務次官が12日、韓国を訪問し、韓国外交省の趙太庸チョテヨン第1次官らと日韓関係や北朝鮮情勢について意見交換した。
 一度も行われていない安倍首相と朴槿恵パククネ大統領との首脳会談をめぐっては、双方とも原則的な立場を述べ合い、開催の見通しは立たないままだ。
 会談内容について外務省は、「日韓関係の現状及び今後の取り進め方について意見交換を行い、とりわけ幾つかの懸案事項についても議論した」としている。北朝鮮情勢については、「日韓連携の重要性について一致した」という。
 日韓の政府関係者によると、関係修復の糸口を見いだせない日韓関係をめぐり、米国は3月下旬にオランダのハーグで開かれる核安全サミットの場で、日米韓首脳会談を開くことを日韓に提案している。韓国政府関係者は、「今回の次官会談でも3首脳による会談について意見が交わされた」と本紙に明らかにした。(以上(2014年3月13日07時44分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140313-OYT1T00081.htm

 アメリカの意向に沿って、日米韓の首脳会議の話に行った斎木事務次官が、1泊2日の予定を切り上げて、日帰りで南朝鮮(韓国)に追い返されたらしい。
 実際、朝鮮日報には『韓国政府は、日本の間違った歴史認識が変わらない状況では首脳会談に向けての話し合いも不可能だと考えている。趙次官は斎木次官に「韓日関係が安定的に発展するためには日本の指導者たちが歴史修正主義的な言動を自制し、慰安婦問題の早急な解決などに誠意をもって臨み、両国間の信頼を回復することが何よりも重要だ」と語ったという。』(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2014/03/13 08:10)より部分引用)http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/13/2014031300584.htmlと南朝鮮(韓国)がほざいたというのだから、話にはならなかったのだろう。アメリカが日韓の関係を重視しているのは、北朝鮮問題であり、本来は、南朝鮮(韓国)のためだと言うことすら、朴槿恵の糞ババアは分かっていないのだ。もし、北朝鮮の有事の際には、米軍は日本の基地から朝鮮半島に出陣するしかないのに、日本と仲違いをしてどうする気だというのがアメリカの本心だろう。それすら分からない朴槿恵の糞ババアが大統領でいる限り、日本は相手にしなければ良いのだ。在韓米軍と南朝鮮(韓国)軍だけでは、もし、北朝鮮が攻めてきた場合、守り切れない。日本の米軍基地が集団的自衛権を行使しない限り、朝鮮半島には出陣できないのだ。米軍の対応が遅れれば、南朝鮮(韓国)は焼け野原になることは自明なことだ。その後、米軍が大兵力を以て北朝鮮を攻撃したとしても、南朝鮮(韓国)の経済も産業も根絶やしになることだけは確かだ。
 対局を見ることができず、でっち上げの嘘八百の日本に強要する朴槿恵の糞ババアの言いなりになって、日本が一歩たりとも譲歩することなどしてはならないことなのだ。(No.4046)

|

« 会長の言い訳流す受信料 | トップページ | メキシコに逃げる準備をするマツダ »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59284343

この記事へのトラックバック一覧です: 一日で追い返された事務次官:

« 会長の言い訳流す受信料 | トップページ | メキシコに逃げる準備をするマツダ »