« 勝つために何でもありの無節操 | トップページ | NHK所詮お金は人のカネ »

責任転嫁しても失言は戻らない

就任会見発言 籾井NHK会長「言わされた」
 就任会見で中立性を疑われる発言をしたことについて、NHKの籾井勝人会長は3日の参院予算委員会で「(記者から)質問を受けたために、結局、まぁ、言わされたというのは言い過ぎですが、そういうことで申し上げた」と答弁した。那谷屋正義氏(民主)の質問に答えた。
 また、全理事に辞表を提出させた問題で、辞表を出すべきは会長ではないかとの質問には、「NHK会長の発言の責任を自覚し、会長の職責を全うしたい」と述べた。籾井氏は2月の定例会見でも、「(就任会見で)個人的な意見は言わないと申したのですが、執拗(しつよう)に質問されたと思っています」と話している。(以上(朝日新聞2014年3月3日19時43分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASG3366VZG33UCVL023.html

 NHKの籾殻こと籾井勝人が、就任の記者会見で、記者に言わされたと宣ったそうだ。
 いくら責任転嫁をしようとも、発言は事実であり、例え取り消そうともその失言がその人間の本心であることは誰もが認めることだ。要するに、籾殻は、安倍死ん三のお友だちで、公共放送を国権放送にするためにNHKに送り込まれたと言っても過言ではない。安倍死ん三は、政治的圧力はないと言っているが、お友だちを据えておけば、政治的圧力など不要だ。日本人の特質である以心伝心で、安倍死ん三にお仕えするという認識だろう。それゆえに、このような輩をNHK会長に据えておくことが問題なのだ。
 NHKは、籾殻の検証番組を考えているらしいが、公共放送を籾殻個人の言い訳のために使うことなく、番組の費用は全額籾殻のポケットマネーで賄うべきだ。(No.4037)

|

« 勝つために何でもありの無節操 | トップページ | NHK所詮お金は人のカネ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59235044

この記事へのトラックバック一覧です: 責任転嫁しても失言は戻らない:

« 勝つために何でもありの無節操 | トップページ | NHK所詮お金は人のカネ »