« 奨学金にヒモ付けている大阪府 | トップページ | 言い訳は昨夜一晩考えて »

本心が書かれてるのは無効票

「ふざけるな」「×」…大阪市長選、無効票続々
 大阪市長選の開票作業は23日午後9時から区ごとに行われ、いずれの開票所でも無効票が目立った。
 6万票超の無効票のうち、白票は4万5098票、候補者名とは無関係の内容などが書かれた票が2万2408票に上った。
 福島区役所では、職員が白票を「白票」と書いたかごに仕分け、次々と積み上げた。「ふざけるな」や、大きく「×」と書かれた無効票もあった。男性職員は「これまでと比べものにならない無効票の多さ」と驚いた。大正区民ホールでも白票は多かったが、「税金は大切に使いましょう」「該当者なし」と書かれた無効票も。淀川区民センターでも、「投票したい人がいません!!」と記した票があった。(以上(2014年3月24日08時00分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/national/20140324-OYT1T00084.htm

 子どものワガママ以上の意味は何も無かった大阪市長選挙だが、無効票の内、橋下徹に対する不満の書かれた無効票も多くあったという。
 それが、今回の出直し市長選挙に対する投票行動を起こした有権者の意見であり、投票率が低かったのも、橋下徹のワガママとしか有権者が受け取っていないのだ。これで、橋下徹が有権者に支持されたから、評議会の府議会メンバーの差し替えをしようとでもしたら、どうなるか分かっているのだろうか?口先だけで、民主党と同じようなブーメラン発言をするのだから、有権者にそっぽを向かれても仕方のないことだ。文楽にしても、千万単位の補助金を絞って、自分のワガママには「民主主義の代償」と称して6億円以上のカネを垂れ流す、利己主義者をまだ、大阪市民が支持していると言うのだから、どこまで、東京と張り合うだけという無駄なことをするのだろうか。東京と張り合うのならば、大阪都になったあかつきには、東京都と同じように地方交付税交付金を受け取らなくて済む大阪都にするべきだ。まさか、東京の税金を使ってまで、大阪都という名前に拘ること自体、ナンセンスだ。自前で収入を賄えない再建団体一歩直前の大阪府が、何をとち狂って宣っているのかと言いたい。
 橋下徹は、その場その場で言うことの違うことについては、ツイッターで暴露されている。ネットを使えないデジタルデバイドが、今回の選挙で、橋下の得票に寄与したとも言えるだろう。(No.4057)

|

« 奨学金にヒモ付けている大阪府 | トップページ | 言い訳は昨夜一晩考えて »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59346704

この記事へのトラックバック一覧です: 本心が書かれてるのは無効票:

« 奨学金にヒモ付けている大阪府 | トップページ | 言い訳は昨夜一晩考えて »