« 橋下が平松よりはマシという | トップページ | 朝日まですがり始めた都構想 »

献金が止めを刺したボクの党

「渡辺喜美氏に8億円」DHC会長貸し付け 週刊誌報道
 みんなの党の渡辺喜美代表に対し、化粧品大手ディーエイチシー(DHC、東京都港区)の吉田嘉明会長が計8億円を貸したとする手記が26日発売の週刊誌「週刊新潮」に掲載される。貸し付けは渡辺氏側からの依頼によるものという。一部は返済されたものの、借入残高は約5億5千万円に上ったとされる。
 一方、渡辺氏は衆院に提出した2012年12月16日時点の資産報告書には借入金の残高が2億5千万円と記載しており、手記の額とは食い違いがある。仮に借入金の一部を政治活動や選挙運動に使い、その旨を収支報告書に記載していなかった場合は、政治資金規正法や公職選挙法に抵触する可能性がある。
 同誌によると、吉田氏は10年7月の参院選前の6月に3億円、12年12月の衆院選前の11月にも5億円を渡辺氏の個人名義の口座に振り込んだという。10年の3億円については渡辺氏側から借用書を受け取ったが、12年の5億円については借用書は送られてこなかったという。
 渡辺氏の事務所は「発売前で記事を見ていないのでコメントできない」としている。渡辺氏の関係者は、個人的な借り入れだとしたうえで、利子を払っており、返済の意思もあることから問題はない、との認識を示している。(以上(朝日新聞2014年3月26日00時52分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG3T6RMKG3TUTIL056.html

 渡辺喜美ボクの党代表に、DHC会長が8億円貸していたことが週刊新潮によってすっぱ抜かれたらしい。
 これで、渡辺喜美も一巻の終わりだろう。そして、ボクの党は自民党に吸収合併されて議員だけ生き延びることになるのだろう。しかし、猪瀬前都知事にしても、5000万円の政治資金を認めたが、在宅起訴で終わりそうだというのだから、如何に、政治屋が自分の都合の良い法律しか作らないかというのが良く分かる。それでも、渡辺喜美の悪行は全て洗いざらい明らかにして、その罪を問う必要がある。
 渡辺の事務所は、「利子を払っており、返済の意思もあることから問題はない」と宣っているが、政治資金収支報告書に記載していないことが問題だという認識は欠如しているようだ。(No.4059)

|

« 橋下が平松よりはマシという | トップページ | 朝日まですがり始めた都構想 »

みんなの党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59357501

この記事へのトラックバック一覧です: 献金が止めを刺したボクの党:

« 橋下が平松よりはマシという | トップページ | 朝日まですがり始めた都構想 »