« 何もない復興相の言う成果 | トップページ | お友だち予算に賛成する民主 »

青い血が流れてるよう菅直人

満3年
東日本大震災と福島原発事故発生から満3年を迎えた。あの日3月11日から数日間の事は鮮明に覚えている。
大地震と津波、それだけでも未曾有の大災害だが、それに加えて過去最悪の原発事故が発生。地震発生からわずか4時間後の11日18時50分には1号機でメルトダウンが始まり、深夜には溶けた核燃料が圧力容器を貫通して格納容器の底に落ちるメルトスルーに進む。そして翌日12日昼過ぎにはその1号機が水素爆発。13日には3号機が水素爆発。15日早朝2号機の格納容器が損傷し、4号機が水素爆発。 誰も経験したことのない複数の原発が連鎖する大事故で、原子力事故に対応する原子力安全保安院や原子力安全委員会のトップからもこれからどうなるのかの見通しについて何も説明はなかった。
私はどこまで原発事故が拡大するのかを必死に考えた。東京を含む避難の必要性を考えた時、恐怖を感じた。そこまでは原発事故が拡大しなかったことに、当時の関係者の命懸け努力に感謝したい。(以上(菅直人Offical Blog2014-03-11)より引用)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

 歩く国賊・菅直人が、自分の悪行三昧は棚に上げて、いつの間にか悲劇のヒーロー気分に浸っていることが、歩く国賊・菅直人のブログを読むと良く分かる。
 如何に、自己中心的で、他人の話を聞かずにいい加減な対応と官邸で官僚を怒鳴りつけて情報が来ないなどとほざいた輩に、このようなことを言われる筋合いの話ではない。自分のイエスマンだけで好き勝手やった罪を未だに問われていない。司法当局は、例えば東京電力に怒鳴り込んだことに対しても、歩く国賊・菅直人は「夫婦喧嘩よりも小さな声」だと言い訳したが、当時の録音を入手して、恐喝罪に当たらないか、他の言動についても、刑法犯罪として立証できないか、全ての歩く国賊・菅直人について調査して、何でも良いから、国会議員から引きずり下ろして、刑務所に入れるのが法治国家というものだろう。何時までも、歩く国賊・菅直人を放し飼いにすることなく、然るべき罪を負って貰うことが一番大切だ。とても、歩く国賊・菅直人に人間としての赤い血が流れているとは思えない。解剖すると青い血が吹き出るかも知れないと思えるぐらい、歩く国賊・菅直人は、人間離れしているのだ。
 本当は、東京も避難しなければならなかったのを実際は「パニックを起こす」として避難指示を出さなかったというのが真相のように思える。(No.4044-2)

|

« 何もない復興相の言う成果 | トップページ | お友だち予算に賛成する民主 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59275060

この記事へのトラックバック一覧です: 青い血が流れてるよう菅直人:

« 何もない復興相の言う成果 | トップページ | お友だち予算に賛成する民主 »