« 閣議決定で「修身」にもできる | トップページ | 言動の不一致橋下は分からない »

不正するなら会長も子会社も

NHK出版編集長を解雇 親族に架空発注、不正流用
 NHKの子会社、NHK出版は6日、親族にNHKドラマ関連書籍の校正業務を架空発注するなどの手口で約1350万円を不正流用したとして、放送・学芸図書編集部の河野逸人(はやと)編集長(52)を懲戒解雇したと発表した。
 同社によると、河野編集長は2003年1月から13年12月までに、63件の架空業務や不必要な仕事を自らの親族2人に発注。2人の口座に計約900万円を振り込ませた。さらに私的な飲食や架空出張の費用として約450万円を着服していたという。
 河野編集長は不正に振り込んだカネの一部を、親族2人から借金を抱えた別の親族に送金させていたが、自分自身も借金の保証人になっていた。本人は不正流用を認めているという。(以上(朝日新聞2014年3月6日21時49分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG365HLTG36UCVL01V.html

 籾殻会長からしておかしなNHKで、今度はNHK出版で不正流用下として、編集長が懲戒解雇にされたそうだ。
 しかし、本人が返還の意思を示しているから、刑事告訴は返還を見て決めるとされているが、これも、普通の会社ならば、即時、刑事告訴だろうが、何しろ、受信料の成れの果てなので、どうでも良いことなのだろう。私的な飲食や架空出張で着服しても、刑事告訴さえ、日和見しているNHKの体質自体に問題があるのだ。
 NHKも、JRや高速会社のように民営化してしまえば良いのだ。そして、見たい人からだけ受信料を徴収して、見ない人にはスクランブルを掛ければ済む話だ。放送の始まった時期のように、放送局がNHKしかない時代ならまだしも、放送法を改正して、見たい人だけが受信料を支払えば済むようにするべきだ。そうすれば、このような犯罪も未然に防げるだろう。(No.4040)

|

« 閣議決定で「修身」にもできる | トップページ | 言動の不一致橋下は分からない »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59250686

この記事へのトラックバック一覧です: 不正するなら会長も子会社も:

« 閣議決定で「修身」にもできる | トップページ | 言動の不一致橋下は分からない »