« 言動の不一致橋下は分からない | トップページ | 復興相がアホだから復興が進まぬ »

日本でも返せと言ってみればよし

朝鮮半島から移築の建築物、韓国側が返還求める
 山口県岩国市出身の陸軍元帥・長谷川好道(1850~1924年)が朝鮮半島から持ち帰り、同市横山の紅葉谷公園に移築された歴史的建築物「六角亭」について、元々の所在地の韓国・高陽コヤン市が返還を求めていることが分かった。
 所有する岩国市は「双方が満足できる解決策を見いだしたい」とするが、日韓関係がぎくしゃくする中、対応に苦慮している。
 岩国市によると、六角亭は李氏朝鮮時代の宿泊施設「碧蹄館へきていかん」にあった建物で、16~17世紀の建築とされる。日本統治時代の1918年、第2代朝鮮総督を務めた長谷川元帥が持ち帰った。市は85年に瓦のふき替えや柱の補修など全面改修を実施。文化財などの指定は受けていない。
 高陽市が返還を求めてきたのは昨年2月。「碧蹄館の復元を計画している」などとして六角亭の返還を求める市長の手紙を副市長が持参し、岩国市側に手渡した。高陽市議会も昨年4月、早期返還を求める決議を行っている。
 7日の岩国市議会一般質問で、田村順玄議員(リベラル岩国)が対応をただしたのに対し、白木勲副市長は「今後も市の財産として保存していきたい」と答えた。これまでの高陽市との協議で解決策は見つかっておらず、今後も話し合いを続けるという。(以上(2014年3月8日11時34分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140307-OYT1T01443.htm

 また、南朝鮮(韓国)が、「日韓請求権並びに経済協力協定」によって決着済みの案件を持ち出してきたそうだ。
 今度は、岩国市に設置されている「六角亭」だそうだが、これも、日韓請求権並びに経済協力協定で決着していることなのだ。何もかも返せとほざくが、一番の極悪人は、歩く国賊・菅直人だ。歩く国賊・菅直人が、南朝鮮(韓国)のご機嫌を取るために、「朝鮮王室儀軌」を返したから、何でも言えば返して貰えると南朝鮮(韓国)が考えるのも当然かも知れない。それならば、既に「日韓請求権並びに経済協力協定」は破綻しているのだから、日本は、南朝鮮(韓国)に対して、日本統治下で朝鮮半島に支出された全ての資産の返還を求めるべきだ。それ位のことをやらないかぎり、分からない輩が朝鮮人なのだ。
 岩国市は、既に「日韓請求権並びに経済協力協定」で解決済みとして、全ての申し出に対して、蹴り返せば済む話だ。(No.4042)

|

« 言動の不一致橋下は分からない | トップページ | 復興相がアホだから復興が進まぬ »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59257883

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でも返せと言ってみればよし:

« 言動の不一致橋下は分からない | トップページ | 復興相がアホだから復興が進まぬ »