« 本心が書かれてるのは無効票 | トップページ | 橋下が平松よりはマシという »

言い訳は昨夜一晩考えて

「歴代市長よりも信任された」 橋下市長が就任会見で「得票数の多さ」を繰り返す
 史上最低の投票率(23・59%)となった出直し大阪市長で再選を果たした橋下徹市長。当選から一夜明けた24日、約1カ月ぶりに市役所に登庁、再選後初めての就任会見で、「投票率は低かったが、歴代市長よりも多くの票を得た」と強調した。
 会場となった市政記者室にはカメラがずらりと並び、100人近い報道陣が詰めかけた。定刻の午後2時より7分遅れて、無数のフラッシュを浴びながら登場した橋下氏。スーツ姿でノーネクタイだが、硬い表情のまま“定位置”に立ち、「今回の結果について僕なりの認識を示します」と切り出した。
 低投票率について橋下氏は「対立候補が出ていないので当たり前。『信任を得たことにはならない』という意見あると思うが、僕自身が堂々と市民から信任を得た状況でないと認識している」と述べた上で、「前回のダブル選を除けば、直近の歴代市長よりも信任を得たといえる」と力を込めた。
 さらに、選挙の焦点になった大阪都構想についても「都構想が完全に支持されたわけではないが、逆に反対についても支持を得たわけではない。今回の結果を受けて、より一層(従来主張している)住民投票で決めるべきだとはっきりした」と指摘した。
 会見中、橋下氏は何度も得票数を強調し、自らの選挙戦を振り返った。(以上(MSN産経ニュース2014.3.24 14:59)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140324/waf14032415020021-n1.htm

 6億円もの大阪市の血税を無駄に垂れ流した張本人である橋下徹が、就任記者会見で好き勝手宣ったそうだ。
 何を言っても、無効票が第二位というのだから、所詮中身は知れたものだ。橋下徹は、無効票に何が記載されているか調べてから物を言った方が良いのではないかとさえ思える。昨夜は徹夜して、何と言おうか一生懸命無い脳みそを振り絞って考えていたのだろう。都構想にしても、
 さらに、選挙の焦点になった大阪都構想についても「都構想が完全に支持されたわけではないが、逆に反対についても支持を得たわけではない」と宣っているが、それなら、何のために無駄な選挙をやったのか、大阪市民に丁寧な説明をするべきだろう。
 さあ、できるものなら大阪府議の法定協議会のメンバーを代えられるのなら代えてみろと言いたいだけだ。それにしても、大阪市民は、アンチ東京ならば「おしん」のように我慢強いことが、良く分かった。(No.4057-2)

|

« 本心が書かれてるのは無効票 | トップページ | 橋下が平松よりはマシという »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59348356

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳は昨夜一晩考えて:

« 本心が書かれてるのは無効票 | トップページ | 橋下が平松よりはマシという »