« K-POP売り上げ減も安倍の所為 | トップページ | 天ぷらを食って自衛隊を増やす »

アメリカに尻尾を振って嫌われる

米紙、日本発の危機に警鐘 大統領訪日の課題と指摘
 【ワシントン共同】17日付の米紙ワシントン・ポストは、安倍晋三首相の靖国神社参拝に伴い「オバマ政権にとって最も深刻な安全保障上の危機」をアジアで日本が引き起こす可能性に警鐘を鳴らす論説記事を掲載した。
 オバマ大統領の4月訪日にも言及。「危機の予防が大きな位置を占めることになる」として、訪日の課題になると指摘した。
 論説は靖国参拝で(1)中韓両国と日本が関係を改善する可能性が消滅した(2)日米関係も損なわれた(3)安倍政権への敵意に加え、オバマ氏と安倍氏の間には溝があるとの認識から、中国の指導者が力の行使を試みる可能性が出てきた―と分析している。(以上(2014/02/18 09:10【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021801001673.html

 アメリカに尻尾を振って、集団的自衛権すらも憲法解釈だけで済ませようとしている安倍死ん三だが、ワシントン・ポスト紙によると、安倍死ん三が信念で行った靖国参拝が「安全保障上の危機」とアメリカが受け取っているとの記事を掲載したそうだ。
 アメリカにとっては、宗教的な意味合い、日本人の心など関係ないのだ。単に、南朝鮮(韓国)と中国が騒ぎ立てるのを分かっていながら、靖国参拝をした行為に対してこのような危機感として表しているのだろう。安倍死ん三とすれば、A級戦犯を否定することは自分の糞爺・岸信介を否定することになるので、意地でもという気があったのだろうが、アメリカの反応までは読めなかったようだ。
 最近の安倍死ん三の動きは、図に乗っている感じが否めない。憲法解釈だけで集団的自衛権の行使を認めるようにとアメリカに尻尾を振っているが、それをアメリカに認められてはいないのだ。(No.4023-2)

|

« K-POP売り上げ減も安倍の所為 | トップページ | 天ぷらを食って自衛隊を増やす »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59156682

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに尻尾を振って嫌われる:

« K-POP売り上げ減も安倍の所為 | トップページ | 天ぷらを食って自衛隊を増やす »