« 問題になどはできないお友だち | トップページ | お隣が土足で居間にやって来る »

残るのは選挙マニアの立候補

共産党、候補者擁立せず 出直し大阪市長選
 共産党は14日、橋下徹大阪市長の辞職に伴う出直し市長選(3月9日告示、23日投開票)で候補者を独自に擁立しない方針を決めた。党大阪府委員会の山口勝利委員長が大阪市役所で記者会見し、発表した。自民、民主、公明の3党はすでに擁立を見送る方針を決めており、主要政党はいずれも候補者を立てない見通しとなった。(以上(朝日新聞2014年2月14日16時44分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG2G55G9G2GPTIL022.html

 当初、大阪市長の再選挙に候補者を立てるとしていた共産党が、擁立を見送る方針を決めたそうだ。
 これで、何の大義も無い橋下徹の独り相撲の始まりとなるだろう。後、立候補が考えられるのは、選挙マニアだが、橋下徹が選挙マニアに勝って、自分の考えが有権者に支持されたとほざくのをみたい気もする。ツイッターを見ても、橋下徹を含めた維新の輩がほざいているが、論理矛盾も分からず、親分の橋下徹を真似てほざいているに過ぎない。また、大阪都では、伝統文化も補助金に頼らず自助努力で何とかするべきだという府議がいた。文化の香りもしない「大阪都」とは、単に名前だけ「東京都」と並べたいというガキの発想なのだろう。「都」と呼べるような品格など大阪には欠片も存在しないのだ。
 もしかすると、大阪都構想を検討するだけ、税金の無駄なのかも知れないが、橋下徹は、自分の発言によって渡米できなくなったキャンセル料も、無駄な市長選挙も民主主義のコストらしいから、どちらかと言えば、北朝鮮の金正恩と同じ発想ではないだろうか?(No.4020)

|

« 問題になどはできないお友だち | トップページ | お隣が土足で居間にやって来る »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59135332

この記事へのトラックバック一覧です: 残るのは選挙マニアの立候補:

« 問題になどはできないお友だち | トップページ | お隣が土足で居間にやって来る »