« 韓国籍母国に帰りゃ済む話 | トップページ | 維新にも色々あってややこしい »

身内からも矢が飛んでくる市長選

大阪市長選、公募合格の北区長が出馬を検討
 橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)の辞職に伴う出直し市長選(3月9日告示、23日投開票)に、同市北区長の中川暢三氏(58)が出馬を検討していることが分かった。 週明けにも市に退職を申し出て、無所属で立候補する方向で調整している。中川氏は橋下氏肝いりの区長公募に合格し、2012年8月に北区長に就任した。出直し選を巡っては、出馬を表明している橋下氏に対し、市議会野党はいずれも候補擁立を見送る方針を決めている。橋下氏にとっては、「身内」から対抗馬が出る形で選挙戦となる公算が大きくなった。
 読売新聞の取材に対し、中川氏は「大阪都構想でなくても、政令市で出来る改革はたくさんある。数日中に決断したい」と述べた。(以上(2014年2月22日08時49分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140222-OYT1T00204.htm

 大阪市の出直し市長選に、区長公募で選ばれた北区長が出馬を考えていることを表明した。
 区長公募も、橋下徹の肝いり政策だったが、それで選ばれた人が「大阪都構想」に反旗を翻して出馬するというのだから、面白い構図になってきたと言えるだろう。橋下徹としても、出馬を表明している選挙マニアに勝っても、住民の意思を反映とは言いづらいだろうし、選挙で選ばれる議員が、選挙に投票するなとも言いづらい与党にとっても渡りに船だろう。
 これで、少しは大阪市長選が盛り上がるのではないだろうか?(No.4027)

|

« 韓国籍母国に帰りゃ済む話 | トップページ | 維新にも色々あってややこしい »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59177476

この記事へのトラックバック一覧です: 身内からも矢が飛んでくる市長選:

« 韓国籍母国に帰りゃ済む話 | トップページ | 維新にも色々あってややこしい »