« 富市は正義面した売国奴 | トップページ | 問題になどはできないお友だち »

私が憲法とほざく安倍晋三

憲法解釈変更「最高責任者は私」 首相答弁に党内で批判
 憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相の国会答弁に対し、13日の自民党総務会で異論が相次いだ。
 安倍首相は12日の衆院予算委で、憲法改正ではなく解釈変更により集団的自衛権の行使を容認できるか問われ、「(憲法解釈の)最高の責任者は私だ。政府答弁に私が責任を持って、その上で私たちは選挙で国民の審判を受ける。審判を受けるのは内閣法制局長官ではない。私だ」と答弁した。
 これに対し、13日の総務会では、村上誠一郎元行革担当相が「選挙に勝てば憲法解釈を自由に変えられるのか。危うい発言だ」と批判。このほかにも批判的な意見が出たといい、野田毅税調会長は「重要な話だ。執行部はしっかり首相に伝えてほしい」と注文した。野田聖子総務会長は「速記録を取り寄せて精査したい」と引き取り、記者会見で「首相官邸と連絡を取り合い、誤解がないようにしたい」と述べた。
 首相は、憲法解釈を担当する法制局が内閣の中の組織であることから、憲法解釈を最終判断する権限は内閣の長の自身にあることを強調したとみられる。一方、時の政権の判断によって、法制局が積み上げてきた憲法解釈の変更が頻繁に繰り返され、憲法の安定性が損なわれることを危惧する意見も根強い。
 首相は13日の同委で「政治の場で私が決めればいいということではない。安保法制懇(首相の私的諮問機関)で慎重に深い議論をして頂いている」と答弁し、自らの判断だけで憲法解釈変更を決断するわけではないとの考えも強調。安保法制懇のメンバーについては、「空疎な議論をされている方は排除している。現実的な状況、国際情勢について、しっかり議論される方、知見を持った方にしている」と述べた。(以上(朝日新聞2014年2月14日07時51分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG2F4DWVG2FUTFK005.html

 安倍死ん三が、集団的自衛権で「憲法解釈変更『最高責任者は私』」と本性を剥き出しにしたそうだ。
 これまで守り続けてきた憲法解釈をたった一人の独裁総理によって、憲法改正の手続きを踏むことなく、屁理屈で解釈さえ変えれば済むという発想自体、常軌を逸した考え方だ。また、「安保法制懇(首相の私的諮問機関)で慎重に深い議論をして頂いている」ともほざいているが、安倍死ん三のお友だちを据えた私的諮問機関の議論によって、決まるのであれば、それこそおかしい話だ。安倍死ん三としては、集団的自衛権についても、今はアメリカに向けて発射されたミサイルを例にとって説明しているが、昨年、南スーダンのPKOで超法規措置によって、南朝鮮(韓国)に銃弾を貸すという暴挙に出た。それと同じで、アメリカ様に世界中何処の紛争にもお供して、何時でも銃弾を発射できるようにしたいのが、安倍死ん三の本心だ。靖国参拝も、A級戦犯合祀を無視するのは、自分の糞爺・岸信介を正当化するためのものだろう。「戦陣訓」で、無用な靖国の御霊を増やした東条英機ですら、自らその罪を受けるために絞首刑になったが、売国奴・岸信介は、反共を利用して、東京裁判から逃れたのだから、「A級戦犯が悪い」とほざけば、自分の糞爺・岸信介も同罪になるのだ。
 まだ、自民党の中には、真っ当な考えを持たれている方がいる。何としても、憲法解釈の変更だけで、集団的自衛権の行使を認めてはならない。集団的自衛権を行使するのであれば、まず、憲法9条を変えることを国民投票によって信を問うべきだ。(No.4019)

|

« 富市は正義面した売国奴 | トップページ | 問題になどはできないお友だち »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59128859

この記事へのトラックバック一覧です: 私が憲法とほざく安倍晋三:

« 富市は正義面した売国奴 | トップページ | 問題になどはできないお友だち »