« 解釈で済ます問題ではあらぬ | トップページ | 国産のスマホを買えば済む話 »

韓国の裁判などは受けさせぬ

慰安婦像に杭の日本人男性、韓国が出廷を要請 本意は「日本当局への催促」?
 聯合ニュースは4日、韓国司法当局が、ソウルの日本大使館前に違法設置されている「慰安婦」を象徴する少女像に「竹島は日本の領土」と書かれたくいを置いたとして、韓国で名誉毀損(きそん)罪で起訴された政治運動家の日本人男性(日本在住)について、韓国の裁判への出廷を促すため、日本の法務省に司法協力を要請したと伝えた。要請は2回目。
 男性をめぐっては韓国の裁判所が公判期日を示した召喚状を発送しているが男性は応じていない。報道では、今回の再要請は男性の「召還手続きに曖昧な態度の日本当局への催促」の意味があるとしている。(ソウル 加藤達也)(以上(MSN産経ニュース2014.2.4 18:58)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140204/kor14020419000006-n1.htm

 South Koreaが違法設置したいわゆる「慰安婦像」に杭を置いたとして、South Koreaにいちゃもんをつけられて、South Koreaの無法裁判所に起訴された日本人を引き渡せとSouth Koreaが日本の法務省にねじ込んできたそうだ。
 South Koreaの召喚状など日本にいる日本人には効力を発しないのが普通の解釈だ。日本大使館の前に国際法に違反して設置された像などのことで、日本人に罪をなすり付けようなどと言うSouth Koreaの浅ましい行為に同調してはならないのだ。South Koreaの国際法違反は棚に上げて、屁理屈で裁こうとしている裁判に日本人を売ることなどできるはずもないし、そのような催促など遺憾の意を返してやれば済む話だ。まして、法治国家でもないSouth Koreaに引き渡せば、一方的な裁判が行われるだけのことだ。さらに言えば、South Koreaは、靖国神社の放火犯を日本に引き渡さずに中国に「政治犯」という名目で帰国させた前歴もある。また、対馬で盗んだ仏像も国家ぐるみで頬被りしようとしている無法国家だ。
 日本の法務省は、「あっかんべー」と遺憾の意を返せば済む話だ。犯人とされている政治活動家は、一生、South Koreaに行かなければ済む話だ。もし、法務省が犯人とされる日本人男性を引き渡すようなことをすれば、それは売国行為だ。(No.4011)

|

« 解釈で済ます問題ではあらぬ | トップページ | 国産のスマホを買えば済む話 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59076169

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の裁判などは受けさせぬ:

« 解釈で済ます問題ではあらぬ | トップページ | 国産のスマホを買えば済む話 »