« 税金の無駄遣いする「みんな」詐欺 | トップページ | お墨付きやっと貰った日本海 »

密漁で鯨食ってて何ほざく

日本のイルカ漁、米大使の批判にもかかわらず続行
米国のキャロライン・ケネディ駐日大使が最近、日本のイルカ漁を批判したのに対し、和歌山県の仁坂吉伸知事は21日「われわれは、牛も豚も魚も命を奪って生きている。それに目をつぶって捕鯨やイルカ漁を残虐というのは論理的でない」と反論した。日本で最もイルカ漁が盛んな同県太地町ではこの日もイルカ漁が行われた。仁坂知事はこの日の記者会見で「各国の食文化はみんな違う。資源がなくなるのでない限り、相手の立場を認めるのが文明の知恵だ」と述べ、ケネディ大使の批判は文化の相対性を無視した発言だと主張した。
 日本のイルカ漁は400年にわたって行われてきた。ノルウェーと並ぶ代表的な捕鯨国である日本では、年間に約2000頭のイルカが捕獲される。その大部分は、本州南西部の太平洋に面する小さな漁村の太地町が占めている。イルカ漁の方式は簡単なものだ。太地町の漁師たちはまず、イルカ数百頭を小さな入り江に追い込み、数日間閉じ込めておく。そして水族館などに売るイルカ数十頭を選んだ後、残りを銛(もり)で突いて捕獲する。その大部分は食用として売られている。
 米国やオーストラリアなど、捕鯨に反対する国や国際的な市民団体は、このようなイルカ漁を批判し続けてきた。商業目的の捕鯨とは異なり、イルカ漁は国際的な規制の対象ではないが、いわゆる「非人道的な殺りく」に当たるというわけだ。
 日本のイルカ漁をめぐる論争は、2010年にアカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門を受賞した映画『ザ・コーブ』が世界的に有名になったことで大きく盛り上がった。この映画は太地町の小さな入り江で、必死にもがくイルカ数百頭と、そのイルカの血で真っ赤に染まる海の様子を余すところなく見せつけ、イルカ漁の残虐さを告発している。東京= 安俊勇(アン・ジュンヨン)特派員(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2014/01/22 09:59)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/22/2014012200994.html

 ケネディ駐日大使が、日本のイルカ漁を批判した尻馬に乗ったSouth Koreaの朝鮮日報が、自国の密漁は棚に上げた好き勝手な記事を掲載した。
 日本のイルカ漁は、国際条約に違反するものではないが、South Koreaでは、漁の網に掛かったことにして日本以上の鯨漁を闇でやっているのだ。それを棚に上げて、「反日」記事なら何でもありの国なのだから、どうしようもない野蛮国だ。まず、自国で何が行われているか、ジャーナリズムならばそれをハッキリさせるのが努めだろう。そのようなことは、棚に上げて、政府・朴槿恵の糞ババアのご機嫌取りをやっていて恥ずかしくないのだから、朝鮮民族という魑魅魍魎とした輩を日本人が理解することは無理だろう。また、安倍死ん三のように無理して理解する努力をすることも無駄だ。
 何があっても、「反日」「歴史問題」に屁理屈で結びつけるSouth Koreaなど相手にすること自体、日本国の尊厳に関わる問題だ。北朝鮮と上手く行かないことまで、日本に責任転嫁しているのが朝鮮日報だ(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/22/2014012201305.html)。

|

« 税金の無駄遣いする「みんな」詐欺 | トップページ | お墨付きやっと貰った日本海 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58990873

この記事へのトラックバック一覧です: 密漁で鯨食ってて何ほざく:

« 税金の無駄遣いする「みんな」詐欺 | トップページ | お墨付きやっと貰った日本海 »