« 市長だと不適切でも処分せず | トップページ | 悪意持つ韓国などに近寄るな »

言論統制はもう始まっている

「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の衝撃の生告白がネットで反響
  フリーの「ブロードキャスター」として活躍するピーター・バラカン氏(62)が2014年1月20日放送のラジオ番組内で、都知事選終了まで原発の話題に触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた。
  発言内容は何人ものリスナーがリアルタイムでツイートしたことによりインターネット上でも拡散し、現在も多くの反響を呼んでいる。
リスナーが拡散「こうやって操作されるんだな。怖い」
  23日に告示される今回の東京都知事選は「脱原発」が大きな争点の一つになるとされている。そうした中、ピーター氏がDJを担当するFMラジオ番組「Barakan Morning」(InterFM)内で、「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と「暴露」した。番組内では局名を明かすことはなかったものの、ピーター氏は「InterFM」以外にも、NHK-FM(「ウィークエンド サンシャイン」)、TOKYO FM(「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」)でレギュラー番組を持つ。そして「お達し」の理由についてはリスナーの想像に委ねた。
   大胆とも思える発言は、すぐに番組リスナーによってツイッター上で広められた。原発の話題ごと封じるのはメディアによる自主規制や圧力だとして「ラジオでさえ、こうか。。」「世論って、こうやって操作されるんだな。怖い」「日本はどうなっているのかしら。。」といった批判の声が上がる。同時に「公表くださったピーターさんとinterfmの英断に敬意を表します」「わたしが富豪だったらスポンサーになるのに…!しかし、執行役員は無敵だな(編注:ピーター氏は12年9月にInterFMの執行役員に就任)」と、ピーターさんを賞賛する声もいくつも投稿された。
過去には反原発ソングの「放送禁止」も暴露
  ただし、ピーター氏自身はこうしたネット上の盛り上がりに戸惑っているようだ。J-CASTニュースがInterFMに発言内容の事実確認をしたところ、ピーター氏本人が応じた。「ツイッターでも予想以上に反響が届いている」と話す一方で「僕は別にこだわっているわけではなくて、大ごとにする話ではない」と答えた。とはいえ、反原発派で知られる音楽家の坂本龍一さんもツイートを紹介するなどして現在も拡散し続け、注目を集めている。  ちなみに、ピーター氏が原発問題をラジオで取り上げて話題になったのは、今回が初めてではない。東日本大震災から間もない2011年4月には、リクエストが集中したRCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」を流そうとしたところ局に止められたことを番組内で明かした。同曲は歌詞の内容から反核・反原発ソングとして知られ、ピーター氏は詞を見た上で今かけるべきだと判断したと語っていた。
  それから約1か月後には、ポストセブンの取材で「放送禁止問題」を振り返った上で、「ラジオはリスナーのため、テレビは視聴者のためにあるというのが僕の基本姿勢であり、崩したくはない。しかし、日本の放送界は全体的に、視聴者のためというより、局の利益のためにあると思っていると感じることがある」と話し、放送メディアの在り方に疑問を投げかけていた。
  英ロンドン生まれのピーター氏はロンドン大学で日本語を学んだ後、来日して音楽出版社に勤務。退職後はラジオ番組のDJや音楽評論などで活躍している。2010年まで放送されていた社会問題を扱うドキュメンタリー番組「CBSドキュメント」(TBS系)では司会を務め、鋭いコメントには定評があった。(以上(J-CASTニュース2014/1/21 18:06)より引用)
http://www.j-cast.com/2014/01/21194663.html

 ラジオのDJが、東京都知事選の間は「原発に触れないで」と放送局から要請があったことを明らかにした。
 これは、要請という名の言論統制以外の何物でもない。「原発に触れないで」という内容からすると自民党の何処かから圧力が掛かったと考えると分かり易い。自民党は、「特定秘密保護法」で何も変わらないと表向きは表明しているが、裏ではこのような汚い裏工作をしているのだ。安倍死ん三が、これまでの憲法解釈を変えるだけで「集団的自衛権」の行使ができるように画策しているが、「特定秘密保護法」でも、解釈を変えるだけで簡単に、堂々と言論統制ができるようになるのだ。憲法すら、国民投票によらずとも解釈だけで、これまでの歴代政権が守ってきた解釈を覆そうとするのだから、単なる法律など、いとも簡単に解釈変更をして、言論統制ができるようになるのだ。
 それゆえに、国民は反対の意思を示すためにも、地方選挙で自民党が推薦・後援をする立候補者を一人残らず落選させて、安倍死ん三を下痢に追い込み、政権を放り出させるしか日本の言論の自由を守ることはできないのだ。(No.4000-2)

|

« 市長だと不適切でも処分せず | トップページ | 悪意持つ韓国などに近寄るな »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59012473

この記事へのトラックバック一覧です: 言論統制はもう始まっている:

« 市長だと不適切でも処分せず | トップページ | 悪意持つ韓国などに近寄るな »