« サメの脳みそが未だにしゃしゃり出る | トップページ | 密漁で鯨食ってて何ほざく »

税金の無駄遣いする「みんな」詐欺

「結い」も「みんな」も譲らず、会派問題物別れ
 みんなの党から分裂した結いの党が国会の新会派を結成できない問題で、逢沢一郎・衆院議院運営委員長は21日、みんな、結い両党幹事長と断続的に会談し、24日の通常国会召集までに決着させるよう求めたが、双方の主張は変わらず、物別れに終わった。(以上(2014年1月21日19時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140121-OYT1T01032.htm

 結いの党の立ち上げに、渡辺喜美ボクの党が、会派離脱届けを出さないという嫌がらせが、衆院議院運営委員長まで巻き込んで、バカなやり取りが続いているそうだ。
 こんなことに時間を費やす無駄というのを考えないのが、ボクの党・渡辺喜美だ。比例議員が新党に参加することについては、公職選挙法でも認められており、合法なのだ。しかし、ボクの党・渡辺喜美は、「会派離脱届けは元の会派の代表が出す」という慣例を楯にして、結いの党の邪魔をし続けているのだ。単なる嫌がらせとは違い、国民の血税を無駄に使っているという認識が、渡辺喜美には欠如しているのだ。ツイッターでも、誰も相手にしないのに「アジェンダ」ばかりを書き込むしか能の無い二世議員だから仕方がないのかも知れない。バカに付ける薬はないとは渡辺喜美を指す名言だ。また、離脱を表明している議員に対する交付金詐欺と言っても過言ではない行為だ。
 国会議員の手を煩わすことは、国民の税金を無駄遣いするに等しい行為だ。そこまで、ボクの党が、比例議員の辞職というのであれば、法的根拠を示すべきだ。また、衆議院も参議院もこのようなバカなことで時間を費やすことなく、新会派を認めてやることが、税金の有効活用というものだ。与党も野党もバカなボクの党に付き合っている暇はないはずだ。(No.3897)

|

« サメの脳みそが未だにしゃしゃり出る | トップページ | 密漁で鯨食ってて何ほざく »

みんなの党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

結いの党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58990785

この記事へのトラックバック一覧です: 税金の無駄遣いする「みんな」詐欺:

« サメの脳みそが未だにしゃしゃり出る | トップページ | 密漁で鯨食ってて何ほざく »