« 富市がまだ売国に手を染める | トップページ | 韓国人生活保護で丸もうけ »

借りといて謝意も示さぬ朴槿恵(パククンヘ)

銃弾返却、韓国謝意示さず=小野寺防衛相
 小野寺五典防衛相は17日午前の閣議後の記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加する韓国軍に陸上自衛隊が無償提供した小銃弾1万発が返却された際、韓国側から謝意の表明がなかったことを明らかにした。 
 防衛相は「返還に当たっては特にそのような知らせを受けていない」と述べた上で、昨年12月の提供時に韓国軍の部隊長から謝意があったと説明。「部隊長からの感謝の言葉で十分だ」と語った。(以上(時事ドットコム2014/01/17-12:12)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011700403

 South Koreaが、ようやく銃弾を返却したことに対して、小野寺五典防衛相は「部隊長からの感謝の言葉で十分だ」と大人の対応をしたそうだ。
 それに比べて、お隣の朴槿恵の糞ババアは、女学生と野田豚に例えられて糞文句を返したが、野田豚発言は「女学生」に対する最大限の侮辱と言っても良かろう。どうせ例えるのなら「人間とは思えない」と言うべきだったと私は思う。現地で治安維持活動を行っているSouth Korea軍の部隊長も、十分な装備も与えられず、後ろから弾を撃ってくるのが、朴槿恵の糞ババアなのだから、どうしようもないだろう。
 日本国としては、銃弾を超法規的措置によって提供したのに対して、遺憾の意を返し、銃弾を返すのならばサッサと返せば良いものをSouth Koreaからの物資が届くまで返却しなかったことを千年忘れてはならないのだ。次の世界史の教科書には、朴槿恵の悪行三昧を載せられるように、指導要領を改訂するべきだ。そして、日本国民全体に、人間にあるまじき朴槿恵の悪行を知らしめるのだ。(No.3891-3)

|

« 富市がまだ売国に手を染める | トップページ | 韓国人生活保護で丸もうけ »

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58961613

この記事へのトラックバック一覧です: 借りといて謝意も示さぬ朴槿恵(パククンヘ):

« 富市がまだ売国に手を染める | トップページ | 韓国人生活保護で丸もうけ »