« 公明党どうせ最後はイエスマン | トップページ | 議論より何を急ぐか大阪都 »

電力の賄賂で動く再稼働

電力業界、自民に原発新増設促す 「模範解答」配布
 安倍政権が策定を進めるエネルギー基本計画の閣議決定を前に、電力会社などでつくる電気事業連合会(電事連、会長=八木誠・関西電力社長)が自民党議員に原発の必要性や新増設を訴える文書を配っていたことが30日、わかった。同党が計画内容について行った党所属国会議員へのアンケートについて、原発推進の立場で答えるよう促す内容。原発新増設は政権の方針も超えており、業界が自らの利益を前面に押し出した形だ。
 朝日新聞が入手した電事連の文書によると、エネルギー需給の基本方針として「原子力が重要な電源であるとの位置づけを明確化する」と強調。「原子力発電を一定程度の規模を確保する」として、「そのための新増設・リプレース(建て替え)の必要性を明確化する」とした。安倍晋三首相は新増設について「現在のところまったく想定していない」としている。
 再稼働についても、文書は「安全の確認された原子力の再稼働を効率的かつ迅速に行う」と明記。核燃料サイクルも「着実に推進する」としている。(以上(朝日新聞2014年1月31日05時29分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG1Z7FB7G1ZUTFK016.html

 電力会社の所属する電気事業連合会が、自民党議員に対して原発の必要性や新増設を訴える文書を配布したことが明らかになった。
 電力業界では、党に政治献金を渡すことは自粛しているようだが、個人献金は続けているらしい。要するに、賄賂によって自民党が「原発再稼働」に舵を切ったと言っても過言ではあるまい。お友達なら、特別な配慮と言わずに自分の意思だと言えば済むのだから、政治屋としても遣りやすいのだろう。東京電力ですら、役員による個人献金は続いているという。そんなに役員報酬があるのならば、もっと削って原発菅災関連にカネを使うべきだ。
 全く反省をしていない銭勘定だけで動く電力会社をこのまま放置して良いのだろうか?自民党が発送電分離をしなければ、それは電力業界からの賄賂と認定するべきではないだろうか。(No.4005-2)

|

« 公明党どうせ最後はイエスマン | トップページ | 議論より何を急ぐか大阪都 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59042672

この記事へのトラックバック一覧です: 電力の賄賂で動く再稼働:

« 公明党どうせ最後はイエスマン | トップページ | 議論より何を急ぐか大阪都 »