« 靖国に拘らせるのは血筋 | トップページ | 愚策でも水に流すは通じない »

どうしても森にさせたいのは五輪

東京五輪組織委会長に森元首相…政府など調整
 2020年に東京で開催される夏季五輪・パラリンピックの運営主体となる大会組織委員会のトップとなる会長について、政府と東京都などが森喜朗元首相(76)を軸に調整を進めていることが、8日分かった。
 複数の政府関係者が明らかにした。森氏の内諾が得られれば、24日にも組織委を発足させる考えだ。
 下村五輪相、竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長が来週、森氏と会談し、就任を正式に要請する。森氏は東京五輪招致委員会評議会議長として招致に携わったほか、各国要人との人脈が豊富なことから政府・自民党内で推す声が強かった。
 組織委トップは、企業からスポンサー料や寄付金を集める役割が期待され、長野五輪などでも財界出身者が就任した。森氏も昨年11月の安倍首相との会談で、財界人がふさわしいとの考えを伝えた。(以上(2014年1月9日03時01分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/politics/20140108-OYT1T01411.htm

 森喜朗のオリンピック大会組織委員会長に反対していた前東京都知事・猪瀬直樹がいなくなったことを良いことに、政府は、会長に失言魔・森喜朗をどうしても据えたいようだ。
 森喜朗が総理時代に何をした、何か成果があったかと言えば、ハワイ沖での漁業実習船と潜水艦の衝突事故を受けてもゴルフを続けた危機管理の欠如、本心から出る常識を逸脱した失言、それだけしか無いではないか!それでも、自民党がごり押しをすると言うことは、森喜朗がくたばる前に、少しでも成果を作ってやりたいという「おもてなし」なのだろうか?
 もし、森喜朗が会長を引き受けたら大笑いだ。何と節操のない総理経験者かということで歴史に名を残すことだろう。(No.3883-2)

|

« 靖国に拘らせるのは血筋 | トップページ | 愚策でも水に流すは通じない »

「スポーツ」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58911975

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても森にさせたいのは五輪:

« 靖国に拘らせるのは血筋 | トップページ | 愚策でも水に流すは通じない »