« 国がやらぬから脱原発も東京で | トップページ | 北朝鮮にまたも猪木が茶々を入れ »

何と言われても竹島は我が領土

韓国、竹島明記検討で警告 公使に「深刻な影響」
 【ソウル共同】文部科学省が教科書作成の指針となる中学校と高校の学習指導要領解説書に竹島を「わが国固有の領土」と明記する改定を検討していることに関し、韓国外務省は12日、在韓国日本大使館の小林賢一公使を呼び、明記しないよう求め、明記した場合に起きる問題は日本に責任があると警告した。
 同省は小林公使に対し、日本が最近、「独島(竹島の韓国名)に対する挑発のレベルを上げている」と指摘し、韓国政府は座視しないと強調。「こうした日本の挑発は韓日関係に深刻な影響をもたらす」とも伝えたという。(以上(2014/01/12 19:47【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011201001731.html

 これまで、South Koreaの顔色を窺って教科書に「竹島はSouth Koreaに不法占拠された我が領土」と記載されていなかったが、学習指導要領の改定で明記することを検討していると言うだけで、South Koreaが噛みついてきた。
 これまでの政権が、South Koreaを甘やかせてきたからこうなったのだ。まして、慰安婦問題にしても聞き取り調査になぜ、福島瑞穂などが立ち会わなければならないのか。売国奴を国会議員の銀バッジにしていることも大問題だ。当然のことを教科書で教えて何が悪いのか?李承晩がどさくさにまぎれて不法占拠したことは棚に上げて、何が歴史問題だ。South Koreaの勝手な歴史ねつ造をこれ以上絶対に見逃すことはできない。当然、日本政府としては、竹島に上陸した李明博やソンイルグク等について、日本に入国した場合、直ちに不法入国として身柄を拘束すると表明するべきだ。また、South Koreaは「明記した場合に起きる問題は日本に責任」とほざいたそうだが、それならば、South Koreaとの国交断絶すれば済む話だ。1ミリたりともSouth Koreaに譲歩などしてはならないのだ。

 逆に、サッサと「竹島問題」について、国際司法裁判所に提訴するべきだ。South Koreaが受けて立たなければ、やましいことをSouth Koreaがやっていると言うことを世界に知らしめるのに丁度良い機会だ。日本政府は、ことある毎にSouth Koreaのメンツを丸潰しにすることこそ、日本が独立国家としての存在を示すことだと認識するべきだ。(No.3887-3)

|

« 国がやらぬから脱原発も東京で | トップページ | 北朝鮮にまたも猪木が茶々を入れ »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58936297

この記事へのトラックバック一覧です: 何と言われても竹島は我が領土:

« 国がやらぬから脱原発も東京で | トップページ | 北朝鮮にまたも猪木が茶々を入れ »