« 東電に払ったカネは考えぬ | トップページ | もう既に大本営のNHK »

変な筋だけは通すとボクの党

結い「みんなの施しは受けぬ」 6議員に立法事務費支給
 みんなの党が、同党から結いの党に移った参院比例代表選出の議員6人に、立法事務費の月額に当たる65万円を支給したことが29日、分かった。みんなの渡辺喜美代表による懐柔策の一環とみられるが、結い側は、みんな側に受け取りを拒否する意向を伝えた。
 立法事務費は、各会派に議員1人当たり月額65万円が支給される。みんな側は先週と今週の2回に分けて計65万円を6人の口座に振り込んだ。みんなは6人の会派離脱を認めていないが、渡辺氏は23日、「実質的な支障がないようにする」と語っていた。
 これに対し、あくまで会派離脱を求める結いの柴田巧参院国対委員長は29日までに、みんなの参院会派代表でもある水野賢一政調会長に「施しは受けない」と伝えた。ただ、立法事務費はすでに支払い済みで、結い幹部は「中立的な第三者に預かってもらう」としている。(以上(MSN産経ニュース2014.1.30 08:41)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140130/stt14013008410000-n1.htm

 ボクの党が、結いの党に移った比例議員の立法事務費を勝手に振り込んだそうだ。
 守銭奴・渡辺喜美との罵りを否定するための姑息な手段だと言うことは一目で分かる。サッサと会派離脱を認めた上で、ボクの党は自民党に復党すれば良いものを姑息以外の何物でもない。渡辺喜美としては、集団的自衛権に否定的な公明党との間に割り込んで、野党という形で自民党にするよることが、責任野党というスタンスという気だろうが、股座膏薬には変わりがない。
 渡辺喜美も、ボクの党が嫌で離党と言うよりも、渡辺喜美個人と一緒にやれないから出ていったのが『結いの党』なのだから、その程度のことも分からない脳みそで、国政を混ぜくるのは止めて欲しいものだ。(No.4004-2)

|

« 東電に払ったカネは考えぬ | トップページ | もう既に大本営のNHK »

みんなの党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/59038046

この記事へのトラックバック一覧です: 変な筋だけは通すとボクの党:

« 東電に払ったカネは考えぬ | トップページ | もう既に大本営のNHK »