« どうしても森にさせたいのは五輪 | トップページ | 盗人の論理に妥協などしない »

愚策でも水に流すは通じない

橋下市長が生産中止した水道水、要望受け復活へ
 大阪市水道局が浄水技術のPRとして2007年に売り出し、その後に就任した橋下徹市長の意向で12年に生産が中止されたペットボトル入り水道水が、15年度にも販売再開の見通しになった。
 市内の中学生から復活の要望があったほか、同年度中の水道事業の民営化方針を決めている市は、ペットボトルで手軽に飲んでもらうことで、「大阪の水」のブランド力の向上につなげたい考えだ。
 市は「大阪の水はまずい」というイメージ払拭などのため、07年3月にペットボトル入り水道水「ほんまや」(500ミリ・リットル、100円)を発売した。
 11年5月には欧州の国際的な食品品評会で金賞を受賞し、平松邦夫・前市長も積極的にアピール。しかし、同年12月に就任した橋下市長が「民業圧迫だ」と批判し、計150万本を売り上げながら、12年3月に生産中止となった。
 これに対し、13年8月、市内の中学生が市議会の質疑を体験する「子ども市会」で、女子生徒が「大阪のPRのためにも、また売ってほしい」と提案。橋下市長は「検討する」と答えた。
 さらに市は、現在は直営の水道事業について、市が100%出資する新会社に30年間分の運営権を売却して15年度中に民営化する方針を昨年11月に決定。民営化にあたり、水質を改めてアピールするためにも「ペットボトル事業は有効」と考え、幹部会議で近く、橋下市長を交えて協議する。
 具体的には、炭酸水やビタミン入りにして販売することやネーミングの変更なども検討しているといい、市幹部は「大阪の水のおいしさを再認識してもらい、民営化に弾みをつけたい」と話している。(以上(2014年1月9日10時22分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140109-OYT1T00256.htm

 思いつきで吠えているだけの大阪の独裁者・橋下徹が、自分が止めさせたペットボトル入りの水道水の販売再開を認めたそうだ。
 中学生に指摘されてようやく気付く程度の脳みそなのだから仕方あるまいが、メチャクチャな市政をやっていることは確かだ。と言うよりも、自分の発想でないことが橋下徹にとっては気に入らないのだろう。大阪市の水道事業の民営化とほざいているが、そもそもは、大阪府と大阪市の二重行政の解消の旗印に水道事業を橋下徹は挙げていたのではないか。それを新会社に30年間一括で運営権を売却するということは、二重行政の解消などしないと明言しているのと一緒だ。全く自己矛盾しても、それすら気付かないのが橋下徹のお粗末な脳みそだ。
 結局、大阪は橋下徹の売名行為のために存在しているに過ぎないのだ。橋下徹の過去の愚策を水に流せば済む話ではないのだ。(No.3883-3)

|

« どうしても森にさせたいのは五輪 | トップページ | 盗人の論理に妥協などしない »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58912022

この記事へのトラックバック一覧です: 愚策でも水に流すは通じない:

« どうしても森にさせたいのは五輪 | トップページ | 盗人の論理に妥協などしない »