« 郵便局消印ないと後回し | トップページ | 靖国に拘らせるのは血筋 »

外交で嘘をごり押しするコリア

慰安婦問題、政府報告にも韓国介入 事実認定で「痛ましい生活強いられ」要求、受け入れる
 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」が韓国側の修正要求に沿った「日韓合作」だった問題で、河野談話と同時発表された政府の慰安婦に関する調査結果報告(公式事実認定)も、韓国側の修正要求を大幅に取り入れていたことが7日、分かった。政治性を排除すべき事実認定にまで韓国側の介入を許していたことで、政府の慰安婦問題に対する認識・見解の正当性・信憑(しんぴょう)性は事実上、失われた。
 当時の政府関係者らが詳細に証言した。韓国側からの調査結果報告への修正要求は、河野談話発表4日前の7月31日に届いた。
 調査結果報告は(1)慰安所設置の経緯(2)慰安所が設置された時期(3)慰安所が存在していた地域(4)慰安所の総数(5)慰安婦の出身地(6)慰安所の経営および管理(7)慰安婦の募集(8)慰安婦の輸送等-の8点について、政府の事実認定を記述している。
 証言によると、韓国側は(1)と(7)に対して、河野談話への修正要求と同じく「軍当局の意向」を強制性が明らかな「指示」と改めるよう求め、協議の末に「要請」で決着した。
 韓国側は、(4)に関しては日本側の原案に「慰安所が存在しなかった地域も存在し、また兵隊に対する慰安婦の割合も地域ごとにさまざまで、書物などの試算が当時の実態と合致していたか否かは全く不明」とある部分の全面削除を要求。
 その上で韓国側は「長期に、また、広範な地域にわたって慰安所が設置されていたことから、相当の数の慰安婦が存在したと推定される」との代替案を示し、これがほぼ日本の事実認定として採用された。
 韓国側は(6)の部分では、原案の「(慰安婦は)自由な境地とはほど遠いところにあった」という記述について、「自由もない、痛ましい生活を強いられた」と書き換えるよう求め、日本側はそのまま受け入れた。
 一方で、(7)の原案の「業者らが或(ある)いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に反して集めるケースも数多く」の部分では、韓国側は「業者ら」を「官憲または業者ら」にすることなどを求めたが、日本側は拒否した。
    ◇
 慰安婦に関する調査結果報告 政府による慰安婦関係資料の調査は平成3年12月に始まり、4年7月に政府の関与を認める第1次調査結果が公表された。ところがその後も韓国側からも「強制性の認定」が強く求められたため、5年8月4日、河野談話と合わせて強制性を認める第2次調査結果が発表された。(以上(MSN産経ニュース2014.1.8 07:50)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140108/plc14010807500005-n1.htm

韓国外相は日本に「誠実な行動」要求 米長官は歴史問題に触れず
 韓国の尹炳世外相は7日、ワシントンでケリー米国務長官と会談後、共同記者会見し、安倍晋三首相の靖国神社参拝を念頭に、「歴史問題が地域の和解と協力を妨げている。(日本側の)誠実な行動が必要だ」と述べた。日本を名指しはしなかった。
 一方、ケリー氏は「今年が(アジア地域の)すべての隣国にとってより安定し、平和になるように期待する」と述べただけで、歴史問題には言及しなかった。両氏とも会見では質問を受け付けなかった。
 両氏は会談で、実力者の張成沢元国防副委員長が処刑された北朝鮮情勢について集中的に協議。ケリー氏は会見で「北朝鮮を核保有国とは認めない」と述べ、非核化をあらためて要求した。(共同)(以上(MSN産経ニュース2014.1.8 08:48)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140108/amr14010808500001-n1.htm

 South Koreaの尹炳世が、「誠実な行動」を日本に対して要求したそうだ。
 しかし、South Koreaの求めている「誠実な行動」とは、売国奴・河野洋平のようにありもしない事実をSouth Koreaの言う通りあたかも事実として日本政府が認めるということを求めている以上、South Koreaの求める「誠実な行動」は一切やってはならないことであるし、やれば売国奴だ。嘘八百も百回言えば事実になるというSouth Koreaのお国柄をそのまま国際社会として受け入れる訳にはいかないのだ。また、慰安婦の聞き取り調査時に、社民党の売国奴・福島瑞穂がなぜだか立ち会っていながら、自分の不都合には口をつぐんだままだ。
 また、South Koreaの求める「誠実な行動」とは、歩く国賊・菅直人が何の法的根拠もないのに宮内庁所有の「朝鮮王朝儀軌」を返還したように、South Koreaが返せと言えば何でも返還すると言うことも含まれるだろう。それだから、South Koreaが盗んだ対馬の仏像も返せと言うなと言うことと推察される。さらに、李氏朝鮮の末裔が、国立博物館の朝鮮にまつわる展示物を返せとほざいたことも忘れてはならない。日本が購入した(朝鮮半島人がカネを受け取った)ものですら、返せというのだから、中国よりも格段低レベルのお国柄だ。中国は、文化大革命時に流出した文化財を買い戻す動きはしているが、South Koreaのように屁理屈を並べて奪い取ろうなどと言う汚いことはやっていないのだ。
 世界の最低最悪国であるSouth Koreaから、外交の凍結とほざかれているが、それならば日本から国交を断絶するようにすれば良いことだ。そして、輸出入を禁止すれば、それだけで、サムスン電子が倒産して、South Korea経済が破綻するだろう。それを事実として、South Korea経済を破綻させて、現実に目を向けさせることが、隣国としての努めだろう。(No.3882-2)

|

« 郵便局消印ないと後回し | トップページ | 靖国に拘らせるのは血筋 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58905718

この記事へのトラックバック一覧です: 外交で嘘をごり押しするコリア:

« 郵便局消印ないと後回し | トップページ | 靖国に拘らせるのは血筋 »