« 消費税上げる意気込み見せる安倍 | トップページ | タダならば飴はやらぬと自民党 »

無党派が動けば自民など負ける

無党派7割強、稲嶺氏に…名護市長選出口調査
 読売新聞社が19日に実施した沖縄県名護市長選の出口調査(市内13投票所・1429人回答)で、日米両政府が同市辺野古で合意している米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先について聞いたところ、「県外に移す」が6割強に上り、「合意通りにする」は約2割にとどまった。
 稲嶺進氏に投票した人の88%が「県外」と答え、「合意通り」の4%を大きく上回った。一方、末松文信氏に投票した人では、「合意通り」が68%、「県外」が21%との結果が出た。
 また、投票の際に重視した争点については、「普天間飛行場の移設問題」が約5割を占めた。その他は、「地域振興や景気・雇用対策」「市の行財政改革」がいずれも約1割で、有権者が移設問題に強い関心を寄せていたことが裏付けられた。
 自民支持層に限った投票先は末松氏が約7割だったが、稲嶺氏も約3割あった。民主支持層では約8割が稲嶺氏に。社民、共産支持層はともに稲嶺氏が9割強に達した。無党派層でも稲嶺氏が7割強と、末松氏の約2割を上回った。(以上(2014年1月20日07時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140120-OYT1T00005.htm

 普天間基地の移転先を争点として行われた名護市長選挙で、反対派の現職市長が当選した。
 出口調査の結果では、無党派層の7割が稲嶺氏に投票したそうだ。いくら自民党が札束で頬を撫でても、自民党支持者だけでは自民党が勝てないことが実証されたものだ。何しろ、日本の第一党は自民党ではなく、世論調査で無党派層に区分けされる層なのだ。
 しかし、市長選挙ならば、稲嶺氏のように「県外に移す」という公約で良いが、一番腹が立つのは、福島瑞穂だ。ツイッターで自己満足をだらだら書いているが、国会議員としての自覚すら欠如して、市長選レベルの「県外」とほざいているだけだ。国会議員ならば、当然、県外であれば具体策を示すのが仕事だが、福島瑞穂はそのようなことお構いなしなのだ。少なくとも、福島瑞穂は、辺野古沖に再決定した生きた国賊・鳩山由紀夫内閣の閣僚であり、県外の具体策を出せば、話は進んでいたはずだ。当時、社民党の中すらまとめられなかった福島瑞穂にだけは、言われたくない話だ。
 これから、普天間基地移設問題がどう進展するか分からないが、沖縄と話をすることもなく好き勝手していた民主党政権よりは、直談判を続ける自民党の方がまだマシだろう。(No.3894-2)

|

« 消費税上げる意気込み見せる安倍 | トップページ | タダならば飴はやらぬと自民党 »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58977670

この記事へのトラックバック一覧です: 無党派が動けば自民など負ける:

« 消費税上げる意気込み見せる安倍 | トップページ | タダならば飴はやらぬと自民党 »