« 法案の中身を知らぬのは維新 | トップページ | 片棒を担いだ亡国のコウモリ »

この法が通ればデモもテロ行為

暴走「1強」国会 秘密保護法案、強行採決で押し通す
 安倍政権は多くの問題を抱える特定秘密保護法案を概要の発表からわずか3カ月で成立させようとしている。審議を重ねるほど法案の問題点が浮き彫りになったにもかかわらず、安倍晋三首相はほとんど答弁に立たず、強行採決で押し通した。政権は自民党「1強」の数の力を頼りに、国民の懸念にこたえる説明責任を放棄した。
■首相不在、雑な審議
 国会が大荒れとなった5日夜、安倍首相は東京・四谷の焼き肉店へ秘書官と食事に出かけた。着任したばかりの女性秘書官の歓迎会だった。
 法案審議を通じ、首相の姿は見えなかった。特別委員会審議への出席は衆参1回ずつ、わずか4時間余り。4日の党首討論で説明不足を追及した民主党の海江田万里代表には「私は今日、午前中の委員会に出席して質問に答えた」と胸を張るちぐはぐぶりだった。
 アベノミクスで高支持率を維持してきた首相は、今国会を「成長戦略実行国会」にする狙いだった。だが、同法案への反発が予想を超えたほか、強引な国会運営で与野党攻防を激化させ、自ら変質させた。
 それでも、首相に法案を廃案や継続審議にする選択肢はなく、法案の会期内成立にこだわった。国会戦術を仕切った菅義偉官房長官は、自民党の佐藤勉国会対策委員長らと強気の国会運営を続けた。(以上(朝日新聞2013年12月6日05時32分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/TKY201312060005.html

 平成の加藤高明こと安倍死ん三は、特定秘密保護法案を、誤魔化してでも、強行採決したいらしい。
 黒海が荒れている最中に、焼き肉を食っている輩が総理とは嘆かわしいことだ。特別委員会の審議にしても、強行採決の直前にこれまでの答弁を変えて新しい組織をいきなり出していながら、まともに審議しないと言うのだから、民主主義の原則に反することは確かだ。これまで、アベノミクスという飴を国民に与えて、衆参両院とも自民党が過半数を取ったが、今度はムチの番だろう。何と言っても、森まさこがいくら特別委員会で、こうやりますとほざいても、法案に書かれていない以上、簡単に、解釈など変更できるのだ。丁度、戦前の加藤高明が普通選挙法と引き替えに治安維持法を制定したのと、安倍死ん三が今やろうとしていることが重なって見える。同じような飴と鞭なのだ。
 この後、自民党から平成の東条英機が出ないことを祈るしかないのだろうか!?(No.3849)

|

« 法案の中身を知らぬのは維新 | トップページ | 片棒を担いだ亡国のコウモリ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58706552

この記事へのトラックバック一覧です: この法が通ればデモもテロ行為:

« 法案の中身を知らぬのは維新 | トップページ | 片棒を担いだ亡国のコウモリ »