« 天下の悪法で爪を出した安倍 | トップページ | せっかくのチャンスを逃す民主党 »

言いたけりゃ言わしておけば済む話

朴大統領、お決まり日本批判…米政府イライラ
 【ソウル=中川孝之、ワシントン=白川義和】バイデン米副大統領が6日の朴槿恵大統領との会談で日韓関係改善に言及したのは、米国のアジア政策における「最大の利益」(米政府筋)と判断しているからだ。
 だが、朴氏は歴史問題などでの日本の取り組みが先行すべきだとの姿勢に固執し、改善の糸口は見えない。
 韓国大統領府によると、会談でバイデン氏は、日韓が互いの懸案を「速やかに」取り除くべきだと発言。北朝鮮の核開発や中国の防空識別圏設定など、米国が日韓と協調すべき課題が山積する中、オバマ政権が日韓関係の悪化を深刻に受け止めていることを示した。
 一方、朴氏は「日本は重要なパートナーになるべきだ」と語ったものの、あくまで日本が先に「誠意ある措置」を取るべきだと訴えた。第三国の首脳らに日本批判を展開し、安倍政権に圧力をかけるお決まりのパターンを繰り返した。
 朴氏の姿勢が変わらないことに、米政府はいら立ちを深めているという。特に、朴氏が9月、ヘーゲル米国防長官との会談で「後ろ向きな日本の指導部のせいで信頼関係を築けない」と強調したことが、転換点となったようだ。(以上(2013年12月7日08時37分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131206-OYT1T01319.htm

 朴槿恵の放言には、産経新聞がずっと書き続けているが、読売まで朴槿恵の悪行が掲載されるようになったようだ。
 世界は、South Koreaを中心に廻っていないのだから、良識ある国は、朴槿恵が何をほざこうが、聞いているだけのことだ。またかと言うだけのインパクトだろう。それよりも、緊張する北朝鮮情勢などを鑑みれば、South Koreaの大統領がとらなければならない態度も分かるだろうが、朝鮮民族独特の頭に血が上ったら分別が付かなくなる輩を大統領に据えたのだから、仕方あるまい。朴槿恵は大統領になって以来、「反日」を掲げて政策の失敗を隠し続けてきたが、最近のSouth Koreaの新聞を見ても、反日一本槍から、朴槿恵の政治姿勢への疑問を呈する論調に変わってきている。日本は、いつでも首脳会談の用意があると世界に発信していれば済む話であって、ヒステリーに付き合う必要など皆無だ。
 民族のDNAである中国の属国一直線から、少し周りが見えるようになってきたようにも思えるが、今、South Koreaが国家として存在しているのは、アメリカ様のお陰だと言うことに、早く気が付くべきだと思う。(No.3850-2)

|

« 天下の悪法で爪を出した安倍 | トップページ | せっかくのチャンスを逃す民主党 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58713058

この記事へのトラックバック一覧です: 言いたけりゃ言わしておけば済む話:

« 天下の悪法で爪を出した安倍 | トップページ | せっかくのチャンスを逃す民主党 »