« 本心を正直者が吐露をする | トップページ | 賃上げ分以上に税で取り立てる »

出て行けと言って身分は縛ってる

みんな、離党届13人の会派離脱認めない方針
 みんなの党は、離党届を提出した14人のうち、江田憲司前幹事長(衆院神奈川8区)を除く比例選出の13人(衆院議員7人、参院議員6人)の会派離脱を認めない方針だ。 江田氏らは年内の新党結成を目指しているが、新党の国会活動に支障が生じる可能性が出ている。
 渡辺代表は周囲に「比例選出議員が会派を移ることは認めない」と話している。浅尾幹事長は10日の記者会見で、13人は党の得票で当選したとして「議席を返してもらうのが当然だ」と議員辞職を求めた。
 国会では、会派の所属議員数に応じて委員会の質問時間や国会内の控室が割り当てられる。会派離脱の届け出は所属会派の代表が議長に提出するのが慣例で、事実上は党の了承が必要となる。衆院議院運営委員会は3日の理事会で、「個人の意思を尊重する」と申し合わせたものの、議員本人の届け出で自由に会派を移ることはできない。(以上(2013年12月12日09時58分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131212-OYT1T00265.htm

 渡辺喜美のボクの党は、江田憲司らの離党に対して、渡辺喜美は「出ていけ」とほざいていながら、会派離脱を認めないという頓珍漢なことをほざき始めたらしい。
 渡辺喜美自体、これだけ多数の離党者が出るとは思っていなかったのだろう。比例議員が離党するということも、他党では行われていることであり、まして、国会議員辞職などあり得ないことだ。独裁者のボクとしては、自分の意に適わない江田憲司だけを蹴り出して、党の独裁を続けるつもりらしいが、渡辺喜美のボクの党の化けの皮は既に剥がれて、自民党渡辺派以外の何物でもない。
 会派離脱を認めれば、これまでの既得権益を失うことが怖いのだろうが、「出ていけ」と言った以上、すんなり袂を分かつ位の度量も、渡辺喜美にはないのだろうか?(No.3855-2)

|

« 本心を正直者が吐露をする | トップページ | 賃上げ分以上に税で取り立てる »

みんなの党」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58742728

この記事へのトラックバック一覧です: 出て行けと言って身分は縛ってる:

« 本心を正直者が吐露をする | トップページ | 賃上げ分以上に税で取り立てる »