« 離党劇見世物ならば丁度よし | トップページ | 橋下と同じ人間いやしない »

独断で支持率上がる訳はなし

内閣支持率、3ポイント低下し46% 「秘密保護法」成立後初の朝日調査
   朝日新聞は2013年12月7日に電話世論調査を行い、8日付朝刊で報じた。特定秘密保護法の成立(6日)後、初めての世論調査となる。安倍内閣の支持率は46%で、前回調査(11月30日~12月1日)の49%から3ポイント落とした。一方の不支持率は前回の30%から34%へ4ポイント増えた。
   同調査では、秘密保護法の国会議論が「十分だ」と感じたのは11%で、「十分ではない」が76%に達した。法案成立後もなお「賛成」が24%、「反対」が51%にのぼり、衆院に続き参院の委員会でも与党が強行採決したことについては、65%が「問題だ」と回答している。
   また、フジテレビ「新報道2001」による世論調査(5日実施、8日放送)でも、安倍政権を「支持する」が59.2%と前回調査(11月28日)から6ポイント近く落とす一方、不支持は前回の30.4%から36.6%へ増えた。(以上(J-CASTニュース2013/12/ 8 14:59)より引用)
http://www.j-cast.com/2013/12/08191126.html

 安倍死ん三内閣の支持率が、最新の調査で下がったそうだ。
 アベノミクスへの支持を政権への白紙委任と取り違えて、特定秘密保護法の成立を成し遂げたのだから、当然のことだろう。国民が、国民の意思を示す方法は、支持率しかないのだ。いくら、総選挙・参院選に勝ってねじれ国会が解消しても、国民の民意を汲まない政権など独裁政権で強権を発動しない限り続かないのだ。NHKにしても、自分の意を汲む人間を据えて、将来の大本営発表をさせようという魂胆もはっきりしている。要するに、今の安倍死ん三のやり方は、第二次世界大戦の前々夜の様相を呈しているのだ。特定秘密保護法をどのように取り繕っても、法律の文言を変えない限りまやかしに過ぎない。さらに、景気動向も下方修正となった。
 「丁寧な説明」と枕詞には使うが、本質は「俺の言うことを聞け」というのが安倍死ん三の本心だ。このまま、後3年も政権を担当させると取り返しの付かないことになる気がする。(No.3852-2)

|

« 離党劇見世物ならば丁度よし | トップページ | 橋下と同じ人間いやしない »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58725422

この記事へのトラックバック一覧です: 独断で支持率上がる訳はなし:

« 離党劇見世物ならば丁度よし | トップページ | 橋下と同じ人間いやしない »