« 銃弾をやって文句で返される | トップページ | アジェンダを吠えてるだけのボクの党 »

礼節も知らぬ儒教の国がある

日本へ謝意表明なし=自衛隊の弾薬支援-韓国
 【ソウル時事】韓国外務省報道官は24日の定例記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への自衛隊の弾薬支援について「追加の防護力を確保する意味で、UNMISSに支援を要請し、UNMISSを通じて支援を受けた。それ以上でも以下でもない」と述べ、謝意表明を含め、日本の支援への評価に言及しなかった。
 弾薬支援が日韓関係の改善にプラスに働くとの見方がある一方で、韓国では集団的自衛権行使を含む日本の「積極的平和主義」を正当化する口実を与えたとの批判もあることを考慮したとみられる。
 日韓関係に及ぼす影響については「歴史問題については原則に立脚し、断固として対応する。必要な分野の協力は続けていく」との基本的立場を繰り返した。 
 報道官は、UNMISSから連絡を受けた日本政府から在日韓国大使館を通じて「韓国政府として支援を要請したということで間違いないか」との問い合わせがあったことも明らかにし、あくまでUNMISSを通じた支援だったことを強調した。
 一方で、「集団的自衛権や日本の軍備増強とは何の関係もない。そうした事案ではない」とも語り、冷静に受け止めるよう求めた。(以上(時事ドットコム2013/12/24-17:34)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2013122400662

銃弾提供は適切=国連総長
 【ニューヨーク時事】国連の潘基文事務総長は24日、記者団に対し、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への陸上自衛隊からの銃弾提供について、戦闘部隊ではない韓国部隊がUNMISS司令官に支援を要請し、これを受けて銃弾が提供されたと説明した。事務総長は「(韓国部隊が)自らを防衛し、能力を補強するために適切なことだと考える」と評価した。(以上(時事ドットコム2013/12/25-07:12)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013122500086

 日本から銃弾を恵んで貰ったSouth Koreaが、銃弾は必要なかったと嘯いて、謝意さえも表明しない礼節も糞も無い最低最悪国であることを自ら示した。
 また、最低最悪国から選出された潘基文も、あたかもSouth Korea政府は関係ないという言い方を始めている。このような詐欺民族の相手をするために、超法規的措置を取った安倍内閣の責任を問わなければならないだろう。要するに、朴槿恵の糞ババアの独裁を続けるためには、日本から支援して貰ったなどとSouth Koreanに説明すれば、政権がさらに危うくなるからだろうが、儒教の国でありながら、孔子は朝鮮出身だとかほざいている嘘も100回言えば本当になるというとんでもない国と、国交を結んでいること自体無理があるのではないだろうか。South Koreaの言い分からすれば、安倍政権は一人芝居をしただけと言うのだから、安倍死ん三は、外交機密とか言う問題ではなく、どのようなやり取りがSouth Koreaから有ったのか、時系列で全てを公開するべきだ。そして、South Koreaで政権打倒が起これば、朴槿恵の糞ババアよりはまともな政権ができるだろう。その政権と仲良くすることを考えるべきであって、朴槿恵の糞ババアには、できる限りの外交努力を行って、メンツを丸つぶしにするべきだ。それしか、South Koreaとの外交関係を改善する道はあるまい。それか、このような最低最悪国とはサッサと国交断絶をするべきだ。 潘基文など、国連事務総長をやっているが決して中立な立場ではなく、事務総長終了後、South Koreaでの立場を考えて自分の都合の良いように事務総長の立場を利用しているだけの糞ネズミ以外の何物でもないので、安保理において、この問題をめいかくにするべきだ。(No.3868)

|

« 銃弾をやって文句で返される | トップページ | アジェンダを吠えてるだけのボクの党 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58817468

この記事へのトラックバック一覧です: 礼節も知らぬ儒教の国がある:

« 銃弾をやって文句で返される | トップページ | アジェンダを吠えてるだけのボクの党 »