« 東電のためなら税も垂れ流す | トップページ | 大阪市長つぶやきのネタも切れ »

嘘に嘘継いで百条委員会

都議会、怒りの百条委へ 猪瀬知事問題 飛び交う辞任論
 「次の段階に移行せざるを得ない」。医療法人「徳洲会」グループから受け取った5千万円について、あいまいな答弁を繰り返す東京都の猪瀬直樹知事に、都議らも業を煮やした。都議会総務委員会は17日、審議を打ち切り、疑惑解明の舞台は「百条委員会」に移る。猪瀬氏と徳洲会をめぐる新たな疑惑も浮かび上がった。
 集中審議4日目。猪瀬氏はこの日も、徳田毅(たけし)衆院議員から「5千万円を貸す」と電話を受けた場所を「個人事務所」から「自宅」に訂正。二転三転する説明に都議の怒りは頂点に達した。午後3時、4人目の自民都議が、怒気をはらんだ声で切り出した。
 「知事は東京の顔としてふさわしくない。これ以上、質疑をしても仕方ない」(以上(朝日新聞2013年12月18日05時22分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASF0TKY201312170424.html

 とうとう東京都議会が、猪瀬直樹に切れたようだ。
 のらりくらりと次々に嘘が発覚するのだから、仕方あるまい。まあ、作家と言いながら筋道を立てて話ができないのだからどうしようもない。これまで、総務委員会で追及したが、証言がころころ変わるのだから、百条委員会でやるしか手はあるまい。しかし、往生際の悪い猪瀬直樹は、サッサと都知事を辞任して、五輪招致の回顧録でも書いていればよいものを、どんどん自分で自分を貶めていることすら分からないのだろうか?
 猪瀬様様のお陰を被っているのは、徳州会から2000万円借りたことのある広島の癌・亀井静香だろう。追求の目から逃れられているのだ。(No.3861)

|

« 東電のためなら税も垂れ流す | トップページ | 大阪市長つぶやきのネタも切れ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/58776227

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘に嘘継いで百条委員会:

« 東電のためなら税も垂れ流す | トップページ | 大阪市長つぶやきのネタも切れ »